お金が稼げるメタバースゲームはどれがおすすめ?カテゴリ別で紹介

2021年頃からメタバースへの注目度が増しています。
将来的にはメタバースは多くの産業に影響を与えると考えられていますが、2022年の段階では影響は限定的です。
それでも、ゲームや金融・投資の分野ではメタバースへの注目度かなり高くなっています。

この記事では、いわゆる
「Play-to-Earn」
簡単に言えば
「お金が稼げる」
メタバースゲームを

  • メタバース初心者向け
  • スポーツやギャンブルが好きな人向け
  • メタバースの土地の売買に興味がある人向け

などのカテゴリに分けて紹介します。

これから普及していくメタバースに慣れるためにも、ぜひお金が稼げるメタバースゲームで遊んでください。

サイト管理人 南研吾
サイト管理人 南研吾
お金が稼げるゲームを始めるには、準備が必要になることが多いです。
どんなものが準備として必要なのかを先に知りたい方は、下のリンクをクリックしてください。

メタバース初心者向けのゲーム

お金が稼げるメタバースゲームには、普通のゲームとは違う特徴がたくさんあります。
なので、まずは

  • 初期費用が無料もしくはかなり低い
  • 稼ぐまでの難易度・ハードルがそれほど高くない

このような特徴をもつ、初心者におすすめのメタバース関連ゲームを紹介します。

Upland(アップランド)

英語でしか遊べませんが、Upland(アップランド)はメタバース初心者におすすめです。

Uplandはメタバース(仮想空間上に再現されたアメリカ)の土地を売買してお金を稼ぐ不動産系のゲームです。
「メタバース版モノポリー」なんていう風に呼ばれることもあります。

Uplandでは、手に入れた土地を他のユーザーにドルで売ることで換金できます。

サイト管理人 南研吾
サイト管理人 南研吾
Uplandは英語のサービスですが日本人ユーザーは多いです。
なので「Upland 遊び方」「Upland 稼ぎ方」と検索すれば、日本語の解説記事がたくさん見つかります。
Upland公式サイト画像

Upland公式サイト画像

おすすめする理由でもあるのですが、Uplandは以下のような特徴があります。

  • 初期費用0円で始められる
  • 仮想通貨・ウォレットが不要
  • パソコン・スマホの両方に対応

Uplandなら初期費用ゼロで、仮想通貨も不要です。

稼げるゲームなのに、普通のゲームみたいに気軽に始められるのが大きなメリットです。
稼げるゲームでは必ずと言っていいほど仮想通貨が必要になるので、Uplandはかなり珍しいゲームだと言えます。

PCだと公式サイトへ、スマホだとアプリのリンクがあるページに飛びます

Splinterlands(スプリンターランド)

Splinterlands(スプリンターランド)はデジタルカードを集め、カードでバトルするゲームです。
パソコンやスマホに完全対応、さらに仕組みがわかりやすいこともあり、世界中で毎日40万人近くのゲーム好きがSplinterlandsで遊んでいます[1]TECH TIME:Top 6 Play-to-Earn Games To Follow
日本でもプレイする人は多く、「スプラン」と呼ばれることが多いです。

・Splinterlands公式URL
https://splinterlands.com/

Splinterlands

Splinterlands

お金を稼ぐために必要な初期費用がとても低い、というのもSplinterlandsの特徴です。
稼ぐためにはSPELLBOOK(スペルブック)というアイテムが必要なのですが、SPELLBOOKは10ドルで購入可能です。
数万円以上の初期費用が必要になるゲームが多い中、この価格は珍しいです。

そして、お金の稼ぎ方も豊富で

  • バトルで勝利
  • 大会に参加
  • 持っているカードを他のプレイヤーにレンタル
  • カードの売買

このような方法でお金(仮想通貨のDEC)を稼げます。

ゲーム内の表記は英語ですが、日本人ユーザーが多いこともあって日本語の解説ブログもたくさんあります。
困った時に調べれば大抵のことが見つかるというのもSplinterlandsで遊ぶことのメリットです。

スポーツやギャンブルが好きな人向けのゲーム

メタバースゲームには、ジャンルに特化したものが沢山あります。
その中でも、スポーツやギャンブルが好きな人に向きそうなゲームを紹介します。

Sorare(ソラーレ)

Sorare(ソラーレ)は現実世界のサッカーの試合と連動したカードゲームです。
なので、サッカーが好きだったりサッカー選手について詳しい人に向いているゲームと言えます。

・Sorare公式サイトURL
https://sorare.com/

Sorare公式サイト画像

Sorare公式サイト画像

ゲームのプレイヤーは、まず実在する選手のカードを5個以上集めます。
そして5人1組のチームを作り、他のプレイヤーたちとチームの成績を競います。
簡単に言えば、現実世界の試合で活躍する選手をより多く選んだ人が勝ちます。

もし選んだ選手たちが活躍したら

  • 仮想通貨のイーサリアム
  • 選手のカード

などを報酬として受けとることができます。

選手のカードはただチームを組むためだけでなく、投資のように購入するのもおすすめです。
たとえば

  1. 将来有望な選手のカードを、その選手がチームのレギュラーになる前に安値で購入
  2. 購入から数年後に選手がレギュラーになってから、カードを高値で売却

こんな風に投資感覚で儲けを出すことも(理屈としては)可能です。
レアなカードは数百万円〜数千万円で売却された事例もありますので、がっつり稼げる可能性もあります。

Game of Silks(ゲーム・オブ・シルクス)

Game of Silks(ゲーム・オブ・シルクス)もSorareと似ている、現実世界の競馬と連動しているゲームです。

サイト管理人 南研吾
サイト管理人 南研吾
ここからはSilks(シルクス)と省略しながら解説します。

Silksでは現実世界に存在する馬がNFTとしてデータ化されます。
プレイヤーはNFT、つまり仮想の馬の所有者になります。

そしてもし現実世界で(NFTとして所有している)馬がレースに勝つとNFTの所有者もお金を稼げる、というゲームです。
ただ馬主になれるだけでなく、土地を購入して牧場を作り、そこで馬を預かってお金を稼ぐことも可能です。

馬主になるには、NFTを購入する必要があります。
NFTは数万円程度で購入できるので、ハードルが低いのもSilksの魅力です。

メタバースの土地の売買に興味がある人向けのゲーム

お金が稼げるメタバースゲームの中には、ゲーム内の土地を売買できるものがあります。
土地はNFTなので売買可能で、数千万円〜数億円で販売された事例がいくつも存在します。

ここでは、土地の売買機能があるメタバースゲームを紹介します。
もしゲームを遊んでみてメタバースの土地に興味を持ったら、ぜひ土地の売買にも挑戦してください。

The Sandbox(ザ・サンドボックス)

The Sandboxは「メタバースのBIG4」と呼ばれることもある、人気メタバースのひとつです。

The Sandboxの土地は世界中の投資家や企業から注目されており

  • Gucci(グッチ)
  • ワーナー
  • PwC(プライスウォーターハウスクーパース)

などの世界的大企業による購入も目立ちます。

The Sandbox(サンドボックス)公式サイト画像

The Sandbox(サンドボックス)公式サイト画像

The Sandboxはただ土地が売買できるだけでなく「稼げるゲーム」としても知られています。
まだテスト的にしか稼げる機能を解放していませんが、数時間で日本円で40万円ほど稼いだ人が海外にいます[2]Business Insider:WATCH: An investor earned about $5,000 after a few hours of playing in a metaverse. He explains the top 3 ways to rake in crypto from these new platforms, and which metaverses to … Continue reading

日本企業のスクウェア・エニックスやソフトバンクがThe Sandboxに出資していることもあり、日本企業との取り組みも今後期待できそうです。

Decentraland(ディセントラランド)

DecentralandもThe Sandboxと同じく「メタバースのBIG4」のうちの一つです。

DecentralandはThe Sandbox以上に有名企業との提携が目立ちます。
サムスン、JPモルガン・チェースなどの巨大企業が進出しており、その影響なのか土地の平均価格は高騰しています。

Decentralandにも稼げるゲームがありますが、それ以上にカジノが人気あることでも有名です。
カジノで遊ぶためにはNFTが必要ですが、南米などの新興国ではここのカジノで月給以上のお金を稼ぐ人もいるそうです[3]Bloomberg
Argentines Flock to Crypto Games as Economy Eats Up Salaries

メタバースでお金を稼ぐために必要なもの

最後にメタバースでお金を稼ぐために必要なものを紹介します。

いまのところ、メタバースでお金を稼ぐためには

  • ウォレット
  • 仮想通貨取引所の口座

この二つがほぼ必須です。

そして、ウォレットでおすすめなMetamask(メタマスク)。
おすすめの仮想通貨取引所はCoincheck(コインチェック)です。
この二つがあればメタバースで遊んだり、お金を稼ぐことが可能になります。

仮想通貨などに関する知識がない状態からこの二つを準備するのは大変ですが、準備方法は下のリンク先で解説しています。
時間に余裕がある時にぜひ準備してください。

よくある質問

Q1:完全無料・初期投資0円でもお金を稼ぐことはできますか?

A:完全無料・初期投資0円でお金を稼げますが、稼げる金額はわずかです。やはり初期投資をしっかりした方が稼ぎやすくなります。ただ、初期投資の金額に対してどれくらいの報酬(リターン)があるかはしっかりと計算しておくべきです。

Q2:ヘッドセットやパソコンが無くてもメタバースゲームで稼げますか?

A:スマホだけでもメタバースゲームで稼げます。けれどパソコンがあった方が稼ぎやすくなりますので、パソコンを使うのをおすすめします。パソコンに関しては新しいものであれば数万円くらいのものでも機能的には十分です。高スペックの高価なパソコンを買う必要はありません。

この記事を執筆した人
南研吾

メタバースで生まれる新しい仕事や、新しいお金の稼ぎ方など、仮想空間における経済活動についての情報をわかりやすく解説します。
メタバースに関する世界中の最新ニュースを日々チェックし、Twitterでも発信しています。
ぜひTwitterをフォローしてください。
南研吾Twitterアカウント

南研吾をフォローする
投資ゲーム
メタモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました