Robloxで約250万円稼いだ16歳の高校生が方法・ノウハウを公開

アメリカに住む16歳の男子高校生が、Robloxでゲームを1つ公開し、累計で約250万円を稼いでいます。

彼はその方法・ノウハウを公開しています[1]The Hour:A Greenwich High junior made $17K creating a kids’ computer game. Here’s how he did it.
まとめると

  • Robloxの人気ゲームをじっくり研究
  • 成功の指標になる数字を発見し、目標に設定
  • 効果的に広告宣伝

このような、まるでプロのような戦略的な方法でゲームを成功させました。

ゲームを開発したのはRoblox好きの16歳

はじめに

  • Robloxで約250万円稼いだのはどんな高校生なのか
  • どんなゲームでお金を稼いだのか

この2つを紹介します。

開発者はアメリカに住む普通の高校生

ゲームを開発したのは、アメリカに住むJacob Korff(ジェイコブ・コーフ)さん。
高校に通っている普通の16歳です。

以前からRobloxで遊んでいましたが、小さいころからゲームを作っていた訳ではありません。
ゲーム開発経験としては、2019年にRoblox用のゲームを1つ作ったことがあるくらいです。

Robloxには「Roblox Studio」という、ゲーム開発ツールがあります。
これを使えば誰でもゲームを開発・公開できます。
なのでジェイコブ・コーフさんに特別な知識や経験があった訳ではありません。

Roblox Studio

Roblox Studio公式サイト画像

公開したのは障害物ゲーム

つぎは公開したゲームについて。

公開したのは
Aio’s Wraparound Difficulty Chart Obby
という障害物ゲームです。
いわゆる「Obby(オビー)」ですね。
※Robloxでは障害物ゲームは「Obby」と呼ばれ人気です

Aio’s Wraparound Difficulty Chart Obby

ジェイコブ・コーフさんが公開したゲーム

私も遊んでみましたが、シンプルなゲームでした。
難易度が1から300までの設定されており、クリアするごとに難易度が上がっていきます。
ゲーム内通貨のRobuxで課金すると、クリアしなくてもより難易度の高いゲームに挑戦できる、という仕組みです。

ぜんたいとしてはファミコン的というか、初期のパソコンゲームみたいに感じました。

ジェイコブ・コーフさんが開発したゲームの様子

ジェイコブ・コーフさんが開発したゲームの様子

ゲームは短期間で制作

ゲームの制作期間を説明します。

ゲームの制作は、2020年の12月に開始。
公開は12月20日。
なので制作期間は数日〜十数日です。
短期間で制作が完了しています。

ただ、公開後も修正・改善に数ヶ月を費やしたそうです[2]Patch:Greenwich High School Student’s Own Computer Game Generates $17K

どんな方法で稼げるゲームを作ったのか?

本題に入ります。
ジェイコブ・コーフさんがどんな方法でゲームを制作したのか、取り組んだことを紹介します。

Roblox内の競合調査から成功のヒントを探す

ジェイコブ・コーフさんは計画なしに、いきなりゲームを作り始めていません。
はじめに競合調査に取り組みました。

彼はあらかじめ
「学校の冬休み期間にゲームを作る」
と決めていました。
冬休みに入るまでの時間は、Robloxで人気のゲームの調査につかっています。

ただ調査するだけでなく、制作するゲームのアイデアを得るために自分で人気ゲームをやりこんだそうです。
そしてRobloxで人気のあるゲームが、なぜユーザーに支持されているのかを推測しました。
このとき、人気ゲームには「ユーザーが飽きない工夫」が盛り込まれていることに気づきます。

さまざまな情報を収集したり検討した結果、障害物ゲームを作ると決めたのです。

数字目標を設定

ジェイコブ・コーフさんはRobloxの人気ゲームを調査しているとき、ある数字を発見しています。

それは、人気ゲームには

  • 同時にゲームするユーザー数は、40〜140以上
  • 19時〜22時の期間の利用者は、75,000人以上

という共通点があることです[3]Patch:Greenwich High School Student’s Own Computer Game Generates $17K
なので、これらの数字を目標として設定しました。

いわゆる「KPI」になる指標を見つけ、設定したのですね。

サイト管理人 南研吾
サイト管理人 南研吾
「KPI」は日本語だと「重要業績評価指標」と訳されます。
簡単にいえば、事業の業績を左右する数字目標のことです。

知人に依頼し仕事を分業

Robloxが公開しているRoblox Studioを使えば、かんたんにゲームを作れます。
けれど、すこし複雑なゲームをつくろうと思ったら「Lua言語」でプログラミングしなければなりません。
ジェイコブ・コーフさんはプログラミングが得意ではなかったようで、プログラミングは知人に依頼しています。

ジェイコブ・コーフさんは指示を出し、知人はプログラミングを担当。
つまり、ジェイコブ・コーフさんはゲームの

  • プロデューサー
  • 開発ディレクター

のような役割を担当し、知人はエンジニアの役割を担ったのです。
得意分野で分業したのですね。

TikTokとRobloxで広告宣伝

ゲームを公開した後におこなったのは宣伝です。

具体的には

  • Roblox内に広告を出す
  • TikTokでプロモーション用の動画を作る

などで宣伝しています。
※Roloxでは、お金を払えば自作のゲームをRolox内で宣伝できます

広告宣伝はどのユーザーを狙うかが重要です。
Robloxユーザーの約半分は13歳以下です[4]Roblox:RDC 2022: Our Vision for the Future of Roblox
TikTokとは
「10代のユーザーが多い」
という共通点があり[5]Shopify ブログ:2022年版:TikTokのマーケティングに欠かせない統計データ15選、YouTubeよりもTikTokを選択した正解だったと思います。

ゲームを作っただけではRobloxでは稼げない

Robloxの1日あたりのユーザーは5,780万人[6]Roblox:ROBLOX REPORTS SEPTEMBER 2022 KEY METRICS
イタリアの全人口くらいの人が毎日ログインしています。

これだけ人がいるとゲームを公開すれば稼げそうですが、公開されているゲームは膨大です。
その数は3,200万以上と発表されています[7]Roblox:Roblox

こんなに競合が多いと、簡単には稼げません。
スマホアプリを開発・公開しても稼ぐのが難しいのと一緒です。
なので戦略的にゲームを作らないと、せっかく作ったRobloxゲームも他のゲームに埋もれてしまいます。

その点、ジェイコブ・コーフさんは素晴らしいです。
彼がしたことは、まるでプロのゲームプロデューサーです。

すでにRoblox専門のゲームスタジオも多数登場しています[8]Mogura VR:「Roblox専門のゲーム開発会社」、その正体とは?ブランドコラボも手がけた話題のスタジオに聞く
つまり、たくさんのプロがすでに参入しているのです。

これでは、楽して成功するのは難しいです。
ジェイコブ・コーフさんがしたような、努力や戦略が必要になります。

なので、本格的に取り組みたい人以外は

「ゲームを通してプログラミングの勉強ができたらいいな」
「作ったゲームで友達と一緒に遊べたら嬉しいな」

くらいの気持ちで取り組むのが良いかもしれません。

この記事を執筆した人
南研吾

おもにメタバースに関連した
・仕事(就職・転職)
・副業
・スキル学習
・教育
などの情報を調査・解説しています。
メタバースに関する世界中の最新ニュースを日々チェックし、Twitterでも発信しています。
ぜひTwitterをフォローしてください。
南研吾Twitterアカウント

南研吾をフォローする
副業
メタモ
タイトルとURLをコピーしました