Sandstormはメタバース建築家やアバターデザイナー向けのジョブマーケットプレイス

海外サービスですが
「Sandstorm(サンドストーム)」
というフリーランスの

  • メタバース建築家
  • メタバース向けアバターデザイナー

などが仕事を受託できるマーケットプレイスがあります。
このサービスを使えば、日本からでも海外企業から仕事の依頼をもらえます。

この記事ではメタバースクリエイターの方向けに、簡単にSandstormの概要を紹介します。

サイト管理人 南研吾
サイト管理人 南研吾
Sandstormはクリエイターに仕事を依頼する側(企業)としても登録可能です。
海外のメタバースクリエイターを探している企業の方にとっても良いサービスだと思います。

Sandstorm(サンドストーム)とは?

Sandstormはメタバースクリエイター向けのジョブマーケットプレイスです。
簡単にいえばメタバースのアセット(資産)クリエイターに特化した

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

みたいなサービスです。

サイト管理人 南研吾
サイト管理人 南研吾
日本だと「クラウドソーシング」という言葉の方が一般的ですが、海外では「ジョブマーケットプレイス」という言葉で表現されることの方が圧倒的に多いです。

とはいえ、メタバースに特化しているだけあり普通のジョブマーケットプレイスとは違う点があります。
大きな違いとしては以下の2点。

  • クリエイターは会員登録時にウォレットのMetamaskが必要
  • タスク完了時の報酬は仮想通貨のMATICで支払われる

メタバースの中でも、さらにWeb3に関連したメタバースに特化している、ということですね。

・Sandstorm公式サイトURL
https://sandstorm.co/

Sandstorm公式サイト

Sandstorm公式サイト画像

クリエイターがSandstormを利用するメリット・デメリット

Sandstormを利用するメリットを紹介します。
メリットとしては

  • 日本では少ないメタバース建築やアバター作成の仕事ができる
  • 海外企業からの依頼がほとんどなので、海外クリエイター並の報酬が期待できる

この二つが考えられます。

海外ではメタバースやWeb3関連のクリエイターの報酬は日本よりもずっと高いです[1]Campaign US:Metaverse and Web3 creatives make nearly double the salaries of their peers
それに円安のいま、仮想通貨で報酬が支払われるのはかなり魅力的です。

次はデメリット。
大きなデメリットは
「対応メタバースの少なさ」
です。

いまのところ、案件を見てもThe Sandbox向けの案件ばかりです。
だから、案件があるとはいえ、それほど多いわけではありません。

他にも
「案件の確認・やりとりがすべて英語」
というデメリットがあります。
これだと、英語が苦手な人にとってはかなり抵抗があるはずです。
どうしても英語に関わりたくない方は、国内の類似サービス「MetaWorks(メタワークス)」の利用がおすすめです。

全体でみると、英語が苦手なクリエイター以外はSandstormに登録して損をすることはないと思います。

  • どんな案件があるのか
  • 報酬はどれくらいもらえるのか

などを確認するだけでも学べることは多いはず。
ぜひサービスをチェックしてください。

・Sandstorm公式サイトURL
https://sandstorm.co/f

タイトルとURLをコピーしました