Sorare MLBのNFTカードの買い方と、購入の流れを画像付きで解説

Sorare MLBでチームを組み、トーナメントにエントリーするには7人の選手が必要です。
ということは、7人以上の選手カードを購入したりして揃える必要があります。
※一番下のランクのコモンカードはアカウント作成時に13枚もらえます

この記事ではSorare MLBについて

  • 選手のカードの購入方法
  • おすすめの決済方法
  • 準備として必要なもの
  • 実際にカードを購入する流れ

などを解説します。

スポンサーリンク

選手のカードの購入方法は2種類

まずは選手のカードの購入について説明します。

Sorare MLBでは、基本的にはSorare MLB内にあるマーケット(市場)でカードを購入します。
マーケットでの選手のカードの購入方法は以下の2種類です。

  • オークション(New Card Auctions)
  • マネージャーセール(Manager Sales)
Sorare MLBのマーケットプレイス

Sorare MLBのマーケットプレイス

それぞれ買い方について

  • どんな購入方法か
  • メリット・デメリット

などを解説します。

オークションとは?メリット・デメリット

オークションはヤフオク!などでお馴染みの買い方です。

簡単に言うと、決められた期間のあいだに最も高い金額を入札した人がカードを買える仕組みです。
Sorare MLBでは、他のユーザーが入札した価格の1.1倍から入札できます。

オークションでカードを買うメリットをまとめます。

  • 安い価格で購入できる確率が高い
  • 人気選手のオークションにも簡単に参加できる(大谷翔平選手など)

デメリットとしては、以下が考えられます。

  • 超人気選手のカードはコレクターやファンがいるので高額になりやすい
  • 入札終了時刻が深夜や早朝など、参加しづらい時間になることがある
  • ギリギリの時間(落札完了1秒前など)で入札するユーザーもいるから、カードの落札終了まで目が離せない

マネージャーセールとは?メリット・デメリット

マネージャーセールは、簡単にいえばメルカリみたいにユーザー同士で手持ちのカードを売買する買い方です。
マネージャーセールのメリット・デメリットを紹介します。

まずはメリットから。
マネージャーセールを利用するメリットは
「買いたい時にすぐに買える」
です。

たとえば選手に負傷者が出たなどの理由で急にカードを買いたくなったとき、マネージャーセールなら(もし欲しいカードがあったら)すぐに買うことができます。

次はデメリット。
デメリットとしては、以下の二つが挙げられます。

  • オークションよりも購入価格が高くなる傾向がある
  • 良い選手のカードは高騰する、もしくは流通量が少ない

オークションよりも価格が高くなる傾向があるので、マネージャーセールは

  • Sorare MLB初心者
  • 予算に上限がある人

などに該当する方にはおすすめできません。

個人的には、2022年7月現在はマネージャーセールで買えるカードの価格はとても高いと感じています。
もしカードを市場相場価格で買いたいならオークションがおすすめです。
マネージャーセールを利用すると、運が悪ければオークションで買える価格の倍以上のお金を使ってしまうかもしれません。

良い選手のカードは高騰する、もしくは流通量が少ない傾向があるのもマネージャーセールのデメリットです。
理屈としてはシンプルです。
稼ぎやすい(高いスコアが付きやすい)、良いカードは誰も手放したがりません。
そんなカードをもし売るとしたら、市場の相場価格よりも高額で売りたくなりますよね?

あくまでも傾向ですが、紹介したようなデメリットがあるので、Sorare MLB初心者はオークションを使ってカードを購入することをおすすめします。

決済方法は仮想通貨とクレジットカード

次は決済方法について。
Sorare MLBでは決済方法は以下の2種類です。

  • 仮想通貨のイーサリアム
  • クレジットカード

仮想通貨を持っていない人にとって、仮想通貨を用意するのは少し手間です。
けれど

  • クレジットカード決済は手数料がかかる
  • サッカー版Sorare同様、Sorare MLBでも将来的には仮想通貨で報酬がもらえるかもしれない

などを考えると、仮想通貨での購入がおすすめです。
なので、ここからは仮想通貨での購入を前提にして話をすすめます。

カード購入前の準備

仮想通貨のイーサリアムでSorare MLBのカードを買うには

  • ウォレットのMetamask(メタマスク)のインストール
  • 仮想通貨取引所の口座開設
  • 日本円をイーサリアムに交換

などの準備をする必要があります。

パソコンやスマホにMetamaskをインストールする方法は以下のリンク先で解説しています↓

仮想通貨取引所については、おすすめは

などです。
こちらも、新規口座開設方法は以下のリンク先を参考にしてください↓

Metamaskと仮想通貨取引所を用意したら、次はイーサリアムの購入(交換)です。
以下の流れでイーサリアムを入手してください。

  1. 銀行振込などを利用して、口座開設した仮想通貨取引所に日本円を入金(送金)
  2. 仮想通貨取引所で日本円をイーサリアムに交換
  3. 購入したイーサリアムをMetamaskに送金

イーサリアムをMetamaskに送金したら、次はMetamaskをSorare MLBに接続し、購入資金をデポジットします。
流れは以下のようになります。

  1. Sorare MLB公式サイトにログイン
  2. Sorare MLBとMetamaskを接続
  3. Sorare MLBのウォレットに購入資金をデポジットする

購入金額をデポジットできたら、購入する準備はだいたい完了です。

Sorare MLBで選手のカードを購入する流れ

ここからは

  • オークション
  • マネージャーセール

それぞれの方法で選手のカードを購入する流れを画像付きで紹介します。

オークションで選手のカードを購入する流れ

オークションで選手のカードを購入する流れを紹介します。

まずはSorare MLBトップにいきます。
画面上部にあるメニューから「Market」をクリックし、「New Card Auction」をクリック。

「New Card Auction」をクリック

次の画面では、購入したい選手をフィルターで絞りましょう。
フィルターの使い方として、以下の3つを設定するのがおすすめです。

  • Scarcity→カードの種類
  • Season average score→シーズン全体での1試合ごとの平均スコア
  • Last15 average score→直近15試合における1試合ごとの平均スコア

average scoreについて補足します。
average score(平均スコア)とは、1試合で選手が獲得したスコアの平均です。

打者の場合はaverage scoreについては7以上を選択すると、良いバッターをある程度絞り込むことができます。
投手だと20以上に設定すればある程度良いピッチャーのみを絞り込んで表示できます。

他だと「Age(年齢)」の設定もおすすめです。
というのも、野球選手はアスリートなので年齢を重ねると

  • 試合中や練習中の故障が増える傾向にある(怪我等で試合に不出場の場合はスコアはゼロ)
  • 衰えが出て、成績が落ちる(成績が落ちるとスコアも下がりがち)
  • MLBから引退するなどで、試合に出場できない可能性が上がる(引退するとカードの価値がなくなる)

などのリスクがあるからです。

野球の場合はサッカーなどよりは選手生命が長くなる傾向があります。
それでも、30代後半になると衰えが目立つ確率が高いことを頭に入れてください。

フィルターの使い方

欲しい選手がみつかり、予算的にも問題がなかったら「Bid」をクリックしてください。

「Bid」をクリックして入札

次の画面では

  • 決済方法
  • 入札する金額

を選択・入力できます。
入札金額はイーサリアムもしくはユーロで入力できます。
選択・入力したら「Bid」をクリックしてください。

Bidをクリックして入札

Bidをクリックすると、「Unlock your wallet」と書かれたウィンドウが起動します。
これは読んで字の如く、Sorare MLBのアカウントを作ったときに設定したSorare MLB用のウォレットのパスワードを入力する画面です。
※Metamaskのパスワードではないので注意してください。

設定したパスワードを入力したら、入札完了です。

Sorare MLB用のウォレットのパスワードを入力する画面

もし入札後に他のユーザーがあなたよりも高い金額で入札しなければ、落札完了です。
でも、一回の入札でそのまま落札できることは稀です。
欲しいカードを買うためには複数回の入札が必要になることが多いので、覚悟しておきましょう。

無事に落札できると、数分後に手持ちのカードとしてSorare MLBに反映されます。
メニューの「My Cards」で購入したカードが反映されるか確認しましょう。
落札直後は反映されませんので注意してください。
だいたい落札から数分後には反映されています。

メニューのMy Cards

マネージャーセールで選手のカードを購入する流れ

次はマネージャーセールで選手のカードを購入する流れを紹介します。
けれど、買い方はオークションとよく似ています。
オークションと異なる部分を中心に説明します。

Sorare MLBトップの画面上部にあるメニューから「Market」をクリックし、「Manager Sales」をクリックしてください。

「Manager Sales」をクリック

クリックしたら、マネージャーセールのトップ画面に移動します。
「Manager Sales」の画面は「New Card Auction」とかなり似ていることがわかると思います。

「Manager Sales」の画面

違うのはカードの下にある文字が「Bid(入札)」ではなく「Buy(購入)」に変わったことくらいです。
Buyを押したら、次の画面で値段を確認し、あらためて「Buy」を押してください。

「Buy」を押す

そして、オークションの時と同じようにウォレットのパスワードを入力すれば購入完了です。

Sorare MLB用のウォレットのパスワードを入力する画面

一度購入したらキャンセル等はできないので注意してください。
もし間違ってカードを購入したとしてもキャンセルはできません。

カードを手放したい時はマネージャーセールで販売してください。
マネージャーセールに出品しても売れるとは限りませんので、購入する時は慎重に画面を確認しましょう。

カードの購入方法についての解説は以上となります。

この記事を執筆した人
南研吾

メタバースで生まれる新しい仕事や、新しいお金の稼ぎ方など、仮想空間における経済活動についての情報をわかりやすく解説します。
メタバースに関する世界中の最新ニュースを日々チェックし、Twitterでも発信しています。
ぜひTwitterをフォローしてください。
南研吾Twitterアカウント

南研吾をフォローする
ゲーム
スポンサーリンク
メタモ
タイトルとURLをコピーしました