Technavioがメタバース不動産市場規模は2026年までに53億ドル突破と予測

調査会社のTechnavioはメタバース不動産の市場規模が2026年までに53億6000万ドルを突破すると予測しました[1]Bitcoin.com:Metaverse Real Estate Sales to Grow by $5 Billion by 2026
これは、日本円に換算すると7,000億円以上となります。

メタバース不動産のデータ分析を行う会社Metametric Solutionsによると、2021年の主要なメタバースの土地の売上は5億100万ドルです。
同じくMetametric Solutionsによると、2022年の市場規模は10億ドル近くに達すると予測されています[2]CNBC:Metaverse real estate sales top $500 million, and are projected to double this year
ということは、2026年には2021年の規模の10倍以上になる計算です。

ここまで見ると順調に成長していますが
メタバースの「仮想土地」が80%の大暴落
という記事が2022年8月に発表されています。

主要なメタバースの土地の価格の推移グラフ

主要なメタバースの土地の価格の推移グラフ 画像はThe informationのTwitterから引用

たしかにOtherdeed for Othersideをのぞく、主要なメタバースの土地の価格はかなり下がっています。

Technavioはメタバース不動産市場が拡大する理由として

  • メタバースそのものの使い勝手の向上
  • 仮想通貨の普及

などを挙げています。
けれど2026年どころか、2022年にどんな風に上下するかすらわからない、というのが事実だと思います。

まず、メタバース不動産への投資はハイリスク・ハイリターンの投資だということを理解し、余裕のあるお金での投資をおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました