メタバースの土地はどこで買える?土地を買える場所3種類のメリット・デメリットを解説

この記事では

「メタバースの土地はどこで買えるの?」
「メタバースの土地を買うときにおすすめの方法は?」

こんな疑問を持っている方の悩みを解決します。

先に結論を言うと、メタバースの土地を買える場所をざっくり分けると以下の3種類です。

  • NFTマーケットプレイス
  • メタバースが行うセールに参加
  • 仮想不動産仲介会社

さらに、この3つの買い方それぞれが、どんな人に向くかを分けると以下のようになります。

  • 初心者におすすめ→NFTマーケットプレイス
  • メタバースの土地購入に慣れた人におすすめ→メタバースのセール
  • 企業の大規模なビジネス展開におすすめ→仮想不動産仲介会社

それぞれの購入方法について説明しますので、メタバースの土地が買える場所を知りたい方はぜひこの記事を参考にしてください。

NFTマーケットプレイスは初心者におすすめ

NFTマーケットプレイスは

  • 初めてメタバースの土地を買う人
  • 仮想通貨の売買にあまり慣れていない人

などに当てはまる人に向いています。

NFTマーケットプレイスについて

  • サービスの仕組み
  • メリット
  • デメリット

などを順番に解説します。

メタバースの土地を売りたい人から土地を買える

まずはNFTマーケットプレイスの仕組みを簡単に解説します。

NFTマーケットプレイスは名前のとおり一種の市場(マーケット)です。
ただ、果物や装飾品が売っているような普通の市場ではなく「NFT(エヌ・エフ・ティ)」というデジタルアイテムに特化した市場です。
ここまで読んでピンと来た方もいると思いますが、メタバースの土地はNFTと呼ばれるデジタルアイテムなのです。

NFTマーケットプレイスは市場なので、お金を払えば誰でもメタバースの土地を売りたい人から土地を買うことができます。
みなさんの身近なものに例えるなら、メルカリみたいなサービスですね。

最大のメリットは市場の相場価格で土地が買えること

NFTマーケットプレイスを利用するメリットを箇条書きで整理します。

  • 市場の相場価格でメタバースの土地を買える確率が高い
  • ほとんどのメタバースの土地が買える
  • 土地を買うだけでなく売ることもできる
  • メジャーな仮想通貨のイーサリアムで売買できる
  • 買い方が比較的簡単

このように、たくさんのメリットがあります。

中でもメタバースの土地初心者にとって嬉しいのは
「市場の相場価格でメタバースの土地を買える確率が高い」
という点です。

メルカリでは、相場よりも明らかに高い価格で出品されているアイテムはまず売れませんよね。
説明したように、NFTマーケットプレイスはメルカリと同じようなサービスです。
だから、ほとんどの土地が
「これくらいの価格なら買ってもいいかな(出品する側から見ると「売ってもいいかな」)」
と感じるような、市場相場価格で出品されています。

これにより、相場価格よりも明らかに高い土地を買って大損してしまった、などの事態に陥る可能性は低くなります。

相場よりも安く買える確率が低いことがデメリット

NFTマーケットプレイスで土地を売買するデメリットは少ないです。
強いて言うなら
「相場価格よりも安く価格で土地を買える確率が低い」
という点でしょうか。

土地を売りたい人は
「できるだけ高い値段で土地を売りたいなぁ」
と考えるでしょうから、これは仕方がありません。

おすすめはOpenSea

おすすめのNFTマーケットプレイスを紹介しておきます。
おすすめは、ベタですがOpenSea(オープンシー)です。

OpenSeaはユーザー数が60万人以上、出品されているNFTは8000万点を超えている世界最大のNFTマーケットプレイスです[1]デジタルシフトタイムズ:取引量世界No.1 NFTマーケットプレイス「OpenSea」〜海外ユニコーンウォッチ #10〜
もちろんメタバースの土地もたくさん出品されていて、人気のあるメタバースの土地のほとんどがここで買えます。

OpenSea公式サイト画像

OpenSea公式サイト画像

もしメタバースの土地を買ったことがなくて
「どこで買えばいいんだろう?」
と迷ったら、間違いなくOpenSeaがおすすめです。

OpenSeaには世界中のNFTアーティストが出品しています。
NFTを見ているだけでも楽しいですので、ぜひサービスをのぞいてください。

・OpenSea公式サイト
https://opensea.io/

安く買いたいならメタバースのセールでの購入がおすすめ

次に紹介する買い方は
「メタバースが実施する土地のセールでの購入」
です。
この買い方は「ランドセール」という風に呼ばれることも多いです。

セールでの購入は

  • できるだけ安い値段でメタバースの土地を買いたい人
  • メタバースの土地や、仮想通貨の売買に少し慣れた人

などに向いています。

  • 土地のセールとはどんな買い方なのか
  • セールで土地を買うメリット・デメリット

などを順番に解説します。

メタバースのセールってどんな買い方?

メタバースのセールとはどんな買い方なのかを解説します。

「メタバースの土地のセール」を日本語にするなら
「新しい土地の販売」
でしょうか。

メタバースの運営会社は「セール」として、まだ誰にも販売していない土地を売り出すことがあります。
先に紹介したNFTマーケットプレイスは、すでに誰かに買われた土地しか買えません。
なので

  • セール→新品
  • NFTマーケットプレイス→中古

という見方もできます。

ただ、繰り返しになりますがメタバースの土地はNFTと呼ばれるデジタルデータです。
現実世界の土地とは違い、時間の経過などで変化はしません。
新品だろうと中古だろうとデータとしての中身は変わりません。
この点は安心してください。

「安く買える確率が高い」ことがセールで買うメリット

メタバースのセールで土地を購入するメリットは
「相場価格よりも安く価格で買える確率が高い」
です。

他に強調できるメリットはありませんが、土地が安く買える確率が高いというのは素晴らしいメリットです。
もし相場価格よりも安い値段で土地が買えたら、購入したら翌日に相場価格でNFTマーケットプレイスで売り、儲けるということも可能です。

買い方が少し難しいのがセールのデメリット

メタバースのセールで土地を購入するデメリットを箇条書きにします。

  • 土地の買い方が少し難しい
  • ややマイナーな仮想通貨が必要になることが多い
  • 販売する土地の量に対して需要が多いと抽選や先着順になる
  • セールのタイミングは少なく、いつでも買える訳ではない
  • 安く買えるといっても、将来確実に値上がりするとは限らない

NFTマーケットプレイスで土地を買うのと比べると

  • 買い方がすこし難しくなる
  • マイナーが仮想通貨が必要になるケースが多い

などのデメリットがあります。

ただ、どちらもメタバースやWeb3関連のサービスに慣れたらそれほど難しいことではありません。
初心者がいきなりセールでの購入に挑戦するのは少し大変ですが、慣れたらどんどんチャレンジすべきだと思います。

仮想不動産仲介会社は企業のビジネス目的におすすめ

最後に紹介する買い方は「仮想不動産仲介会社」です。

仮想不動産仲介会社に関しては、個人が利用することはまずないと思います。
もし利用するとしたら、法人つまり株式会社で、自社のビジネス展開上まとまった量のメタバースの土地を購入する必要が出たときでしょうか。

仮想不動産仲介会社ってどんな会社?

仮想不動産仲介会社について説明します。

仮想不動産仲介会社は複数のメタバースで良い土地を所有し、それをビジネス目的で使いたい企業に対して販売したり貸したりする会社です。
販売したり貸したりするだけでなく、自分達が所有する土地の上に大規模なメタバース建築物をつくり、土地と建物をセットで販売することもあります。

だから仮想不動産仲介会社というより、実質的には

  • メタバース大地主
  • メタバース不動産デベロッパー

などの呼び方の方がふさわしいかもしれません。
日本の不動産仲介会社とは違い、土地の所有者でもあるので、ここは勘違いしないようにしましょう。

大規模なイベント開催時は利用するメリットが大きい

仮想不動産仲介会社を利用するメリットを紹介します。
シンプルに言えば、普通では買えないような広い土地を買ったり借りたりできるのが仮想不動産仲介会社を利用するメリットです。

説明したように、仮想不動産仲介会社はメタバースの土地をたくさん持っています。
ただ沢山の土地を持っているだけありません。
エステート(ESTATE)と呼ばれる、区画同士が隣接している複数のまとまった土地を所有しています。

現実世界と同じく、広大なまとまった土地があればそこで大規模なイベントを開催したりできるようになります。
つまり、商業的に高い価値が出てくるのです。

けれどこのような土地をゼロから購入するのは難しいです。
なので、もしメタバースで大規模なイベントを開催したいと思ったら仮想不動産仲介会社を頼ることになります。

しかも仮想不動産仲介会社は土地を販売するだけでなく、貸してもくれます。
企業側からしたら、レンタルの方が土地を購入するより安く土地を一定期間確保できるので、コストが抑えられるというメリットがあります。

海外企業ばかりなので英語での交渉が必要になるのがデメリット

仮想不動産仲介会社を利用するデメリットを紹介します。

デメリットは仮想不動産仲介会社との交渉などのやりとりは英語になることです。
というのも、今のところ有名な仮想不動産仲介会社の多くは海外企業ばかりだからです。

有名どころだと

などの会社があります。

まとめ

メタバースの土地を買える場所について整理すると、以下のようになります。

  • 初心者におすすめ→NFTマーケットプレイス
  • メタバースの土地購入に慣れた人におすすめ→メタバースのセール
  • 法人の大規模なビジネス展開におすすめ→仮想不動産仲介会社

ただ、メタバースの土地をとりまく状況はどんどん変わっています。
土地の価格なども上下が激しいので、仮想不動産投資をする際は冷静に判断し、無理をしない範囲で購入してください。

タイトルとURLをコピーしました