【OpenSea編】The Sandboxの土地「LAND」を買う方法

OpenSea(オープンシー)をつかい、The Sandbox(サンドボックス)の土地である「LAND」を買う方法を紹介します。

OpenSeaは世界シェアトップのNFTマーケットプレイスです。
メタバースの土地やアートなど、NFTを買うときOpenSeaは定番中の定番です。

そんなOpenSeaは、事前準備さえしておけば簡単に使えます。
OpenSeaでメタバースの土地を購入する方法がわかれば、NFTアートなどの買い方もわかります。

NFTに興味があるなら、OpenSeaの使い方を知っておいて損をすることはありません。
ぜひこの記事を参考にしてOpenSeaを利用してみてください。

スポンサーリンク

事前準備として必要なものは二つ

OpenSeaでサンドボックスの土地を買うとき、事前準備として必要なものは以下の二つです。

  • 仮想通貨のイーサリアム
  • ウォレットのMetamask(メタマスク)

それぞれ説明します。

OpenSeaではイーサリアムでNFTを購入する

OpenSeaでサンドボックスの土地を買うには、仮想通貨のイーサリアムが必要です。

なぜなら、OpenSeaに出品されているNFTのほとんどはイーサリアムでしか購入できないからです。

イーサリアムは国内外の仮想通貨取引所で購入できます。

もし今この記事を読んでくださっている方が

  • 仮想通貨取引所の口座をまだ持っていない
  • メタバースの土地の売買に興味がある

この両方を満たしているなら、おすすめの取引所は「コインチェック」です。

というのも、コインチェックの口座があればメタバースの土地を簡単に売買できるからです。

コインチェック公式サイト画像

コインチェック公式サイト画像

コインチェックはCoincheck NFT(β版)という、OpenSeaと似ているサービスを運営しています。
Coincheck NFT(β版)でも、サンドボックスの土地を簡単に買えます。

Coincheck NFT(β版)を使うには仮想通貨取引所のコインチェックの口座が必要です。

なので、コインチェックの口座開設には

  • OpenSeaで必要なイーサリアムを購入できる
  • Coincheck NFT(β版)も使える

というメリットがあり、一石二鳥なのです。

口座開設の方法は下のリンク先でくわしく解説しています。

ウォレットはMetamask(メタマスク)

OpenSeaを利用するためには、Metamask(メタマスク)というウォレットが必要です。

Metamaskはパソコンのブラウザやスマホにインストールして利用するタイプのサービスです。

MetamaskはOpenSeaを利用するときだけでなく、メタバース系のサービスを利用する時に必須です。
もしMetamaskをインストールしていない方は、この機会にインストールをオススメします。

MetaMask公式サイト画像

MetaMask公式サイト画像

Metamaskのインストール方法については下のリンクで解説しています。

イーサリアムをMetamaskに送金

  • 仮想通貨取引所でイーサリアムを購入
  • Metamaskのインストール

この二つが準備できたら、あとはウォレットへのイーサリアムの送金です。

仮想通貨取引所で購入したイーサリアムを、Metamaskに送金してください。

これでOpenSeaでいつでも買い物ができる状態になり、準備は完了です。

OpenSeaでLANDを購入する方法

ここからはOpenSeaの土地であるLANDを購入する方法や、購入までの流れを解説します。

1. OpenSeaの公式サイトにアクセス

はじめに、OpenSeaの公式サイトにアクセスしてください。

・OpenSea公式サイトURL
https://opensea.io/

OpenSea公式サイト画像

OpenSea公式サイト画像

2. OpenSeaとMetamaskを連携

つぎに、OpenSeaとMetamaskを連携させます。

WEBサービスを利用するとき、GmailのID・パスワードで登録・ログインしたりしたことはありませんか?
あれと似たようなイメージです。

連携の流れを説明します。

まず、公式サイトの右上にあるウォレットボタンをクリック。

OpenSea公式サイトの右上にあるウォレットボタンをクリック

すると、選択肢としてMetamaskが表示されます。
Metamaskをクリックしてください。

選択肢としてMetamaskが表示

次は、Metamaskのパスワードを入力してください。
パスワードを入力したら、「ロック解除」をクリック。

Metamaskのパスワードを入力

すると新しいアカウントが表示されますので、「次へ」をクリック。

これで接続は完了です。

3. The SandboxのLANDを見つける

つぎはOpenSeaの中から、The Sandboxの土地であるLAND(ランド)を見つけましょう。

LANDの探し方はかんたんです。

OpenSeaのトップページにある検索窓で「The Sandbox」と入力し、検索してください。
すると、The Sandboxの特集ページのようなページが見つかります。

OpenSeaで「The Sandbox」と入力して検索

ここで注意したいのは、そのページが認証されたアカウントのものかどうかのチェックです。

OpenSeaでは、運営に認証されたアカウントには認証マークが表示されます。
Twitterでいう「認証バッジ」があるか無いか、みたいなものですね。

サイト管理人 南研吾
サイト管理人 南研吾
過去にサンドボックスの偽ランドがOpenSeaに出品され、騒ぎになったことがあります[1]The Sandboxの公式Twitterより
なので認証マークは必ずチェックしてください。

検索して見つけたアカウントに認証マークがついてるかチェックしてください。
チェックが完了したら、あとはLANDを選び、購入するだけです。

認証マークをチェック

4. 購入するLANDの選び方

LANDの選び方は、購入目的や予算によって変わります。

それでも、一般的には

  • 立地(どこにLANDがあるか)
  • 価格(LANDの値段)

このふたつを基準として購入することになります。

目的に応じて、購入する土地を選んでください。

5. LANDの購入方法

最後にLANDの購入方法というか、OpenSeaでのNFTの購入方法を解説します。

大きくわけると、LANDの購入方法は以下の3つです。

  • 固定価格で購入
  • 価格を交渉して購入
  • オークション形式で購入(イングリッシュ形式・ダッチ形式)

それぞれ解説します。

固定価格で購入

「固定価格で購入」とはLANDを出品する人が決めた金額を支払い、購入する方法です。

普通の買い物やネットショッピングはほぼこの方法なので、買う方にとってはわかりやすいと思います。

価格を交渉して購入

「価格を交渉して購入」とは、購入希望者がLANDに対して

「この土地を〇〇イーサリアムで買いますよ〜」

というオファーをして購入する方法です。

この場合、いくらオファーを出してもLANDの出品者が金額に納得しなければ売買は成立しません。

とはいえ、いきなり高額のオファーを出すのは交渉術として良くないです。
最初は低めの値段でオファーを出しながら交渉してください。

オークション形式で購入

LANDはオークション形式でも購入できます。

オークションには2種類あり、ひとつ目は「イングリッシュ形式」です。

イングリッシュ形式とは、初めは低い価格で入札され、入札されるにつれて徐々に価格が上がっていくオークション形式です。
よくある一般的なオークションはだいたいこれですね。

ふたつ目は「ダッチ形式」です。

ダッチ形式では、買い手ではなく売り手が値段を指定します。
そして、指定した値段が徐々に下がっていき、買い手が希望する価格になったら売買が成立するオークション形式です。

まとめ

ここまで説明したように、事前準備さえしておけばOpenSeaでサンドボックスのLANDを買うのは簡単です。

メタバース系のサービスを利用するとき

  • 仮想通貨取引所の口座
  • Metamask

この二つは必要になることはとても多いです。

ぜひこの機会に用意してください。

 

引用・脚注

引用・脚注
1 The Sandboxの公式Twitterより

コメント

タイトルとURLをコピーしました