メタバースに関わる仕事にはどんな職種がある?関連する職業を紹介

スポンサーリンク

この記事は

「メタバースに関わる仕事ってどんな職種がある?」
「文系や未経験でも転職できるメタバース関連の仕事はなに?」

こんな疑問を解決します。

メタバース関連の仕事をざっくり分けると、以下の3種類です。

  • エンジニア職
  • デザイナー職
  • 営業・マーケティング職

専門スキルがある人には、エンジニア職やデザイナー職がおすすめです。

  • IT・Webやゲーム業界での仕事経験がない
  • 文系出身

こんな人には「営業・マーケティング職」がおすすめです。
それぞれで職種で管理職の募集もありますし、フリーランスでも働けます。

3種類に分けましたが、メタバースに関わる仕事はたくさんあり、下の図のように職種は細かく分けられます。
だから、メタバース業界への就職・転職はそれほど難しくありません。
※他にも人事や財務・会計など様々な職種があります

メタバースに関わる仕事・職種の一覧

メタバース業界で働くのに興味があるなら、この記事で

「この仕事ならできそうだな」

という仕事を見つけてください。

ちなみに、メタバース関連の求人件数が多い転職サービスは以下のようになっています。
※件数は2023年1月4日に調査

スポンサーリンク

サービスや製品を開発するエンジニア職

メタバース関連の仕事として、求人数トップクラスなのがエンジニア職です。

その中でも代表格となるのが、以下の3つの職種。

  1. メタバースの開発に関わるプログラマー・エンジニア
  2. サーバーを保守するインフラエンジニア
  3. メタバース向けのハードウェア開発者

それぞれ紹介していきます。

サイト管理人 南研吾
サイト管理人 南研吾
ブロックチェーンエンジニアも入れるか迷ったのですが、諸事情により省きました。
興味がある方は「ブロックチェーンエンジニア」で検索してください。

① メタバースの開発に関わるプログラマー・エンジニア

メタバースの開発はゲーム開発と似ています。
なので、プログラマー・エンジニアの力が無くてはメタバースは作れません。

メタバースの開発は、ゲームエンジンを使うことがほとんどです。
※ゲームエンジンとは効率的にゲームを作れるツールのことです
ゲームエンジンは以下の2つがメジャーです。

現時点では、Unityで作っている会社の方が多いです。
なので、もしメタバース開発に関わりたいならUnityやC#(シーシャープ)のスキルがあると転職・就職しやくなります。

② サーバーを保守するインフラエンジニア

メタバースはWEBサービスの一種なので、インフラエンジニアが必要です。
いわゆる「縁の下の力持ち」的な仕事ですが、ユーザーがストレスなくメタバースを楽しむために必要な仕事です。

求人募集もたくさんあり、その多くがAWSの構築・運用経験を求めています。
他のスキルだと、オンラインゲーム関連のサーバー保守・管理経験があると転職がしやすくなります。

サイト管理人 南研吾
サイト管理人 南研吾
求人を出す会社によっては「バックエンドエンジニア」「サーバーエンジニア」という職種で募集しています。意味や仕事内容はどれも同じです。

③ メタバース向けのハードウェア開発者

メタバース向けのハードウェアを開発する仕事もあります。
いわゆるモノづくり系の職種ですね。

メタバース向けハードウェアの代表格は

  • VRヘッドセット(Meta Quest2など)
  • ハプティックグローブ

など。

サイト管理人 南研吾
サイト管理人 南研吾
ハプティックグローブとは、メタバース内で物をさわったときの触覚を現実世界の身体でも体感できるグローブのことです。

けれど、これらのハードウェアを開発している日本の会社はごくわずかです。
「どうしてもメタバース向けのハードウェアを開発したい!」
となったら、海外企業の求人に応募した方が就職・転職しやすいかもしれません。

コンテンツを制作するデザイナー職

先にエンジニア職を紹介しましたが、デザイン職もメタバースには欠かせません。
たとえるなら、エンジニアはメタバースの骨格を作る仕事。
対して、デザイナーは骨格にたいして美しく肉付けする仕事です。

細かく分けるとメタバースデザイン関連の職種はたくさんあります。
けれど、ざっくり分けると以下の2種類です。

  • 3DCGデザイナー(3Dモデラーも含む)
  • UI/UXデザイナー(WEBデザイナーも含む)

これらはエンジニア職と同じくらい需要が高いですが、フリーランスでも働きやすい仕事です。
副業に興味がある人なども、デザイナー職は向いています。

それぞれ紹介します。

① 3DCGデザイナー(3Dモデラーも含む)

メタバースに取り組む企業のほとんどが求人を出しているのが「3DCGデザイナー」です。
※3DCGデザイナーには3Dモデラーも含まれる

3DCGデザイナーの仕事内容は、メタバースで使われる

  • キャラクター(アバター)
  • アイテム
  • 建築物

などを作ることです。

これらをデザインするときに使われるのが、3DCGソフト。
よく使われるのは

  • Maya(マヤ)
  • Blender(ブレンダー)

などですね。

これらの使用歴・スキルがあれば、ITやメタバース以外の業界からでも転職しやすいです。
具体的には

  • アニメ業界
  • ゲーム業界
  • 建築業界

などで3DCGデザインに関わった人はきっと大歓迎されるはずです。

スキル・経験がすでにあるなら、転職したい時はメタバース・ゲーム業界に強い転職エージェントの利用がおすすめです。
おすすめは、メタバースデザイナーの案件数が多い「ギークリー」です。

② UI/UXデザイナー(WEBデザイナーも含む)

UI/UXデザイナーは

  • 使いやすいメタバース
  • 使いやすいWebサービス

などをデザインする仕事です。
個別のアイテムなどではなく、ユーザー体験や全体の構成・流れをデザインする仕事ですね。

UI/UXデザイナーは

  • Figma(フィグマ)
  • Sketch(スケッチ)

などのデザインツールを使って仕事をします。
なので、これらが使えると就職・転職がしやすくなります。

販売や接客に携わる営業・マーケティング職

最後に紹介するのは「販売や接客に携わる営業・マーケティング職」です。
具体的には

  1. 営業・販売に関わるセールス職
  2. 宣伝・広報を担当するPR職
  3. 企画・マーケティング職
  4. コンサルティング職
  5. 接客職

などがあります。

これらの職種は

  • 文系学部出身
  • ITやメタバース業界未経験

でも就職・転職しやすい、という特徴があります。
さらに「コミュニケーション能力」「共感力」などの、ソフトスキルを活かしやすいという特徴もあります。

それぞれ説明していきますね。

① 営業・販売に関わるセールス職

メタバースでも、営業・販売に関わるセールス職はあります。
販売するのは

  • メタバースシステム
  • メタバースの広告枠

などです。

メタバースシステムの販売とは、簡単にいえばメタバースへの出店や利用を促進するための営業活動のこと。
例えるなら、現実世界のお店に対して楽天市場への出店をうながすようなイメージです。

具体例を挙げます。

凸版印刷は「メタパ」というEC系のメタバースを運営しています。
出店費用は300万円〜なので、かなり高額です[1]株式会社ダイヤモンド・リテイルメディア:凸版印刷、仮想ショッピングモールアプリ開発、「b8ta」が出店
なので顧客候補に販売するための営業職が必要、という訳です。
※あくまでも例で、他にもいろんな事例があります

メタバースの広告枠の販売は広告代理店の仕事と似ています。
じっさい、博報堂グループの会社はRobloxという人気メタバースの広告枠を販売しています[2]日本経済新聞:博報堂系がメタバース広告販売 国内初、ゲーム空間で

広告代理店に在籍して他社の広告枠を売るだけでなく、メタバース運営企業に所属し自社の広告枠を売ることもできます。
メタバース企業のなかには、技術には強いけれど営業力に不安がある会社がたくさんあります。
なので、高い営業スキルを持つ人は重宝されます。

② メタバースの宣伝・広報を担当するPR職

メタバースにも、宣伝や広報を担当するPR職の人が必要です。
PR職にかんしては一般的なPR職と仕事内容はそれほど変わらないので、説明はしません。

けれど、メタバースというかWeb3独自のPR職として
「Web3コミュニティマネージャー」
という職種があるので、解説します。
※シンプルに「コミュニティマネージャー」と呼ばれることもあります

簡単にいえば

  • ソーシャルメディア運用担当
  • PR/広報担当
  • ブランドマネージャー

この3つをミックスしたような職業がWeb3コミュニティマネージャーです。

仕事内容は

  • Discord
  • Twitter

などのツールを使い、自社サービスの顧客を増やすことです。

このような新しい職業の場合、先駆者・先輩はほとんどいません。
参考になる書籍などもありません。
なので自分の頭で考えたり、問題解決が得意な人に向きます。

③ 企画・マーケティング職

つぎに紹介するのは、企画・マーケティング職です。

企画・マーケティング職に関しては

  • 自社のメタバースの企画に携わる
  • 外部企業からメタバースマーケティングを仕掛ける

この2種類があります。
ここでは、後者の「メタバースマーケター」と呼ばれる職種をピックアップします。

メタバースは、20代やそれ以下の若者にアピールできるメディアです。
テレビ等とはユーザー層が全く違うのですね。
だから、海外企業は若い顧客とコンタクトする手法としてメタバースマーケティングを活用します。

よく活用されるのは以下の3つのメタバースです。
どれも数千万〜数億人のユーザーがいます。

では、どんな風にこれらのメタバースでマーケティング活動を行うのでしょうか。
具体的には

  • ブランドに特化したワールド制作
  • デジタルアイテム販売
  • メタバース内でイベントを主催

などをおこなっています。
すでにNikeやGucciなどの世界的ブランドが進出しており、数千万人を集客した事例があります[3]日本経済新聞:米Roblox、メタバース広告事業 ゲームからブランド誘導

これらマーケティング施策を担当するのがメタバースマーケターです。
日本企業による成功事例は少ないですが、海外の若年層にリーチできる手段として今後メジャーなマーケティング手法になるはずです。

④ コンサルティング職

次はコンサルティング職を紹介します。

意外かもしれませんが、メタバース関連でコンサルティング職の求人は多いです。
とくに海外では

  • Meta
  • Google

などの大企業よりも、大手コンサルティング会社の方がメタバース関連の人材を多く採用しています[4]revelio labs:Is Meta Pulling Back on Their VR Strategy?

コンサルティング職の場合、求人は
「メタバースコンサルタント」
という職種で募集されることが多いです。

仕事内容は、顧客企業に対するメタバースの導入や活用のコンサルティングです。
時には自社のメタバース関連サービスをパッケージで提案するので、営業的な仕事でもあります。

⑤ 接客職

最後に紹介するのは、メタバース内で接客・案内などをする仕事です。
「アバターワーク」とも呼ばれます。

想像しやすいのは、投資や保険の相談ですね。
相談や営業窓口がメタバース内にあるイメージです。
すでに多数の金融機関メタバースに進出しており、営業担当者を配置しています[5]財界オンライン:みずほ銀行が「メタバース」に参入へ プラットフォーム構築力が問われる日本

メタバース内でイベントが開催されたとき、使い方等に困った人のために相談員的なスタッフ(アバター)が配置された事例もあります[6]PR TIMES:「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス 2021」に延べ145人を公式スタッフとして派遣

他だと、メンタルクリニックがメタバースで開業した、という事例もあります。

接客・案内等の仕事はメタバースと好相性です。
正直なところアバターワークの求人募集等は少ないですが、おそらくこれから増えるでしょう。

メタバースの仕事探しにおすすめの求人サービス

最後に、メタバース業界へ転職するのにおすすめの求人サービスを紹介します。

最も確実なのは、メタバースに関連した求人を多く取り扱っている

  • 転職サイト
  • 転職エージェント

を利用することです。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェントの違い

メタバース関連の求人数が多いサービスは

などです。
※件数は2023年1月4日に調査

メタバース関連の求人数が多い求人サービスは、下のリンク先でくわしく紹介しています。
転職活動の参考にしてください↓

上のリンク先で良い仕事が見つからない場合は、メタバース専門の求人サービスもチェックしてみましょう。
こちらも、下のリンク先でまとめています。
求人数は少なめですが、珍しい職種の求人が見つかることがあります。
ぜひチェックしてください↓

よくある質問

Q1:メタバースに関連する仕事には将来性がありますか?

A:モルガン・スタンレーはメタバースの市場規模は将来的には数百兆円になると予測しています[7]Forbes:Here Are Morgan Stanley’s Top Stock Picks For Investing In The Metaverse。他の大手金融機関や調査会社のレポートでも、かなりの巨大産業になるという予測がほとんどです。なので、メタバースに関連する仕事の需要は将来的にはかなり高く、将来性があると今のところ考えられます。

Q2:メタバースの仕事は未経験でも応募できますか?採用される可能性はありますか?

A:メタバースに関連する仕事はかなり幅広いので、未経験でも採用してもらえる仕事はあります。たとえば接客や営業の仕事ですね。けれど、もし専門的な知識やスキルが必要なNFTのデザインやメタバース開発の仕事の場合、未経験やスキルが低い状態で採用してもらえる可能性はとても低いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました