【Coincheck NFT(β版)編】The Sandboxの土地「LAND」を買う方法

The Sandbox(ザ・サンドボックス)の土地「LAND(ランド)」を簡単に買える、おすすめの方法があります。
それは、NFTマーケットプレイスのCoincheck NFT(β版)で購入する、という方法です。

サイト管理人 南研吾
サイト管理人 南研吾
念のために情報を補足すると、メタバースの土地はNFTの一種です。
よって、NFTマーケットプレイスで売ったり買ったりすることができます。

この方法なら、土地を買う事前準備として必要なのは仮想通貨取引所であるコインチェックの口座のみ。
さらに、土地を購入してもガス代と呼ばれる手数料は発生しません。

The Sandboxの土地を購入する方法として代表的な

  • The Sandboxのセールで購入
  • OpenSeaで購入

などと比べるとかなり楽に、そして簡単にLANDを買えます。

なので、メタバース初心者でもあまり迷わずに土地を購入できるはずです。

Coincheck NFT(β版)でサンドボックスのLANDを買う方法

Coincheck NFT(β版)でサンドボックスの土地「LAND(ランド)」を買うとき、大きな流れは以下のようになります。

  1. コインチェックにログイン
  2. Coincheck NFT(β版)で購入する土地を選択
  3. LANDの購入

購入までの流れを解説していきます。

1. コインチェックにログイン

NFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」をつかうには、仮想通貨取引所であるコインチェックの口座が必要です。

コインチェック公式サイト画像

コインチェック公式サイト画像

コインチェックの口座をお持ちの方は公式サイトからログインしましょう。

もしお持ちでない場合は、公式サイトから口座開設をしてください。

・コインチェック公式サイトURL
https://coincheck.com/

2. コインチェックからCoincheck NFT(β版)へ

コインチェックにログインしたら、コインチェック内にあるCoincheck NFT(β版)に移動します。

下の画像で見ると、左下の方にCoincheck NFT(β版)へのリンクがあることがわかります。
リンクをクリックしてください。

Coincheck NFT(β版)へのリンク

3. タイトルからThe Sandboxを選択

Coincheck NFT(β版)にいくと、画面真ん中あたりに「タイトル」という部分があります。
ここは、簡単にいえば「テーマ別にNFTを探せるコーナー」です。

Coincheck NFT(β版)にある「タイトル」のコーナー

タイトルの中に水色の「THE SANDBOX」というリンクがあるので、ここをクリックしてください。

するとCoincheck NFT(β版)に出品されている、もしくは過去に出品されたLANDが一覧で表示されます。

Coincheck NFT(β版)で一覧表示されたLAND

Coincheck NFT(β版)で一覧表示されたLAND

4. 購入したいLANDを選択

つぎは購入するLANDを決めましょう。

購入できるLANDは左上に「出品中」と書かれているLANDのみです。
「出品中」のLANDのみに絞って表示する機能もありますので、下の画像を参考にしてください。

Coincheck NFT(β版)でLANDを購入する画面

将来的に値上がりするLANDは

  • インフルエンサーの土地の近く
  • 有名企業の土地の近く

のような、将来的な集客が期待できる土地だと言われています。
けれど、このような情報はすでに土地の値段に織り込まれており、これからどうなるかを考えてもあまり意味がありません。

サンドボックスでじっさいの土地を見て「ここが良い!」と思ったら買ってしまっても良いと思います。

5. 仮想通貨でLAND(土地)を購入

LANDの値段や位置を見て、購入する土地を決めたら、あとは買うだけです。
LANDは仮想通貨で購入できます。

Coincheck NFT(β版)でサンドボックスの土地を買う場合、ほとんどLANDは「ETH(イーサリアム)」で買えます。
なので、コインチェックのウォレットにイーサリアムを入れておきましょう。

サイト管理人 南研吾
サイト管理人 南研吾
Coincheck NFT(β版)では土地を出品する人が仮想通貨を指定できます。
イーサリアムだけでなく、下の画像のようにBTC(ビットコイン)が指定されることもあります。

Coincheck NFT(β版)でサンドボックスの土地を購入する画面

サンドボックスの土地「LAND」の購入方法の説明については以上となります。

サイト管理人 南研吾
サイト管理人 南研吾
土地を購入して、その後にOpenSeaなどのNFTマーケットに出品するときMetamaskなどのウォレットが必要になります。
下のリンクを参考にしてインストールしておきましょう。

まとめ

説明したように、コインチェックならサンドボックスの土地が簡単に購入できます。

コインチェックは、日本のNFTマーケットプレイスの中ではかなりメタバースの土地の売買に積極的な方です。
これから取り扱うメタバースの土地の種類が増える可能性もあるでしょう。

日本の大手証券会社(マネックス証券)の子会社という信頼性もあり、はじめてのメタバースの土地の購入にはCoincheck NFT(β版)がおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました