メタバースで職業体験ができるCareerLabsVR

若者の機会損失や、企業の経済的な損失につながる「雇用のミスマッチ」。
もし就職して働き始めてから
「なんかこの仕事イメージと少し違うな」
「聞いてた仕事内容とやってる仕事が全然違うので騙された・・・」

こんな風に思ったら、仕事に打ち込むのはとても難しくなります。

そんな雇用のミスマッチを減らすために、メタバースやVR技術を活用しているのが、カナダにあるCareerLabsVRです。
この記事ではCareerLabsVRのメタバース職業体験サービスを紹介します。

スポンサーリンク

CareerLabsVRはどんな職業体験サービス?

CareerLabsVRはどんな職業体験サービスなのでしょうか。

CareerLabsVRは

  • 人材紹介会社
  • 求職者のキャリア相談に乗っている非営利団体

などに向けた人材系サービスです。

CareerLabsVR公式サイト画像

CareerLabsVR公式サイト画像

仕事の相談にきた人に対して
「この仕事はこんな感じですよ」
という風にメタバースでじっさいに体験してもらい、仕事内容のイメージをつかんでもらうサービスですね。

言い換えれば、仕事の内容を

  • 言葉
  • 写真
  • (求職者の)過去の記憶・イメージ

などで理解するのでは無く、じっさいの仕事内容や様子を擬似体験して理解してもらうサービスとも言えます。

CareerLabsVRのようなサービスを使えば

  • 毎日する仕事の流れ・雰囲気
  • 仕事場の音(どんな雑音・騒音があるか)
  • どんな危険があるのか
  • 同僚とどれくらいの頻度でコミュニケーションを取るのか

などが、安全な場所からノーリスクで体験できます。

補足すると、CareerLabsVRはサブスク型のサービスです。
メタバース職業体験サービスを利用したい場合、CareerLabsVRとコンタクトを取りサブスクで利用することになります。

・CareerLabsVR公式サイト
https://careerlabsvr.com/

メタバース職業体験動画を紹介

百聞は一見にしかずです。
CareerLabsVRはメタバース職業体験の動画を公開しています。
その中からいくつか紹介します。

下の動画は看護師の職業体験動画です。

次は農業です。

次は重機オペレーター。

配管工なんかもあります。

このような仕事内容を、言葉や写真で伝えることは困難です。
でも、メタバース職業体験ならある程度の仕事の輪郭(りんかく)のようなものを数分でつかむことができます。

若者に人気の職業、たとえば

  • 薬剤師
  • WEBデザイナー
  • システムエンジニア・プログラマー
  • ゲームクリエイター
  • 保育士

などがメタバースで職業体験できたらどうでしょう。
まだインターンなどが難しい10代の若者や、就職を検討している専門学生・大学生などは興味を持つはずです。

今後、メタバースはさまざまな業界で活用されると予測されています。
人材業界での職業体験メタバースの導入を期待しましょう。
キッザニアのメタバース版みたいなサービスがあったら嬉しいですね。

この記事を執筆した人
南研吾

メタバースで生まれる新しい仕事や、新しいお金の稼ぎ方など、仮想空間における経済活動についての情報をわかりやすく解説します。
メタバースに関する世界中の最新ニュースを日々チェックし、Twitterでも発信しています。
ぜひTwitterをフォローしてください。
南研吾Twitterアカウント

南研吾をフォローする
学習・教育仕事
スポンサーリンク
メタモ
タイトルとURLをコピーしました