メタバース「ANA GranWhale(エーエヌエー・グランホエール)」での雇用と人材育成でANA NEOとパソナGが提携

ANA NEOとパソナGがメタバース
「ANA GranWhale(エーエヌエー・グランホエール)」
における雇用と人材育成で提携しました[1]ANA NEO株式会社:ANA NEOとパソナグループ、メタバース領域におけるジョブ開発に向けた提携契約を締結
この提携により、こんごアバター姿で働く「アバターワーク」の求人等が増える可能性があります。

スポンサーリンク

ANA GranWhaleはどんなメタバース?

ANA GranWhale(エーエヌエー・グランホエール)について簡単に説明します。

サイト管理人 南研吾
サイト管理人 南研吾
正式名称は「エーエヌエー・グランホエール」ですが、利用者はおそらく「アナ・グランホエール」と呼ぶと思います。

ANA GranWhaleは旅行やショッピングに対応した、2022年度末に開始予定のメタバースです。
対応端末は

  • スマートフォン
  • タブレット
  • VRヘッドセット

この3種類を予定しています。

運営会社は

  • ANAホールディングス
  • JP GAMES株式会社

などの出資により設立された、ANA NEO株式会社です。

・ANA NEO株式会社公式サイト
https://www.ana-neo.com/

ANA GranWhaleは以下の3つのテーマで構成されています。

  • メタバース旅行が体験できる「Skyパーク」
  • メタバースでのショッピングサービス「Skyモール」
  • 未来の街をイメージした空間の「Skyビレッジ」

このなかでも、サービス開始当初は旅行のSkyパークをメインに運営するようです[2]KPMG:(前編)ANA NEO株式会社 冨田光欧氏 x KPMG Ignition Tokyo 茶谷公之
それからショッピング、さらには教育や行政サービスまで拡大する予定です。

これらのサービスを運営するには、たくさんのスタッフが必要です。
けれど、メタバースでの接客等の仕事は現実世界での接客とは勝手が違い、専門的な知識や機器を持つ人材が必要です。

この、人材の部分を担うのがパソナグループです。

パソナGは2021年からアバターワーク人材育成に取り組む

パソナGはANA GranWhaleにおける

  • 人材の就業支援
  • スキル研修プログラムの提供

などを担当します。

パソナGは2021年11月に、アバターで働くアバターワークができる人材を育てる専門拠点
「淡路アバターセンター」
を開設しています。
この淡路アバターセンターで人材を育て、ANA GranWhaleで働いてもらう、という流れになるのだと思います。

ANA GranWhaleが成功したらアバターワークが広がるかもしれない

新型コロナが流行した2020年頃から、アバターワークは注目されています。
けれど、今のところアバターワークは全くと言っていいほど普及していません。

もしANA GranWhaleのアバターワークが成功したら、これが日本国内に広がるかもしれません。
日本国内にたくさんのメタバースがありますが、運営企業の規模としてはANAグループはトップクラスです。
ANA GranWhaleの成功を期待しましょう。

タイトルとURLをコピーしました