アメリカでは64%以上のフリーランスがNFT関連の仕事で収入を得ている

アメリカのクラウドソーシング大手Fiverr(ファイバー)はアメリカのフリーランサー1000人に調査を実施しました[1]Fiverr:Freelancers, NFTs & the Metaverse: Examining the Opportunity
この調査で、64%およそ3人に2人のフリーランサーがNFTに関連するサービスで収入を得ていることがわかりました。

Fiverr公式サイト画像

Fiverr公式サイト画像

Fiverrは、2021年第3四半期から第4四半期にかけて

  • NFT関連の仕事の依頼数は278%増加
  • NFT関連の仕事でフリーランサーが稼いだ金額は378%増加

このようなデータも発表しています。
2021年の市場規模は5兆円[2]WIRED:An NFT Bubble Is Taking Over the Gig Economyとも言われているNFT市場は、スキルシェアの分野にも影響が大きいことがわかります。

Fiverrのレポート画像

Fiverrのレポート画像

では、どんな仕事がクラウドソーシングで依頼されているのでしょうか。
FiverrのCMOであるGali Arnon氏はBusiness Wireの記事で以下のように発言しています。

「NFTは私たちのサービスを利用しているイラストレーター、アーティスト、デザイナー、開発者が自分のスキルを収益化し、この分野に投資している企業や個人と仕事をするための素晴らしい方法になってきています」
(翻訳は著者によるもの)

引用元:64 Percent of U.S. Freelancers Have Profited from Selling NFT Services, According to New Data from Fiverr

なので、NFTに関連するスキル・知識・経験を持っている

  • イラストレーター
  • アーティスト
  • デザイナー
  • 開発者

などには沢山の仕事がありそうです。

じっさい、Fiverrには約5万件ものNFTに関連する仕事があるようです[3]WIRED:An NFT Bubble Is Taking Over the Gig Economy

FiverrのYoav Hornung氏は

「半年前を思い返すと、当時は5桁(1万件)もなかったと思います」
(翻訳は著者によるもの)

引用元:An NFT Bubble Is Taking Over the Gig Economy

このように語っているので、NFT関連の仕事数はここ半年で5倍以上に増えた計算になります。

では日本のクラウドソーシングではNFT関連の仕事はどうなっているのでしょう。

クラウドソーシング大手のクラウドワークスで「NFT」という言葉で検索すると、697件がヒットしました。
おなじく大手のランサーズで検索したら、379件の仕事がヒットしました。
※どちらも2022年2月24日に検索した結果です

まだまだ日本は盛り上がっていると言える状態ではなさそうですね。

けれど、2022年中には日本のクラウドソーシングにもNFTの大波が来るかもしれません。
いま現在でも既に仕事はありますし、備えておいて損をすることは少ないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました