eスポーツ英会話に通うと子供が楽しく・効率的に英語を学べる理由

メタバースと言えばSNSやゲームという印象がありますが、教育でも使われています。
なぜなら子供にとって

  • ゲーム感覚で楽しく学べる
  • 学習効率が上がる[1]PwC:How virtual reality is redefining soft skills training

などのメリットがあるからです。

この特徴を上手に活用しているのが、ゲシピ株式会社が運営する
eスポーツ英会話
です。
習い事が続かないお子さんも多いなか、eスポーツ英会話は
「利用開始から6ヶ月後の継続率は93%超」
という数字を残しています。

この記事では
「なぜeスポーツ英会話に通うと子供が楽しく・効率的に英語を学べるのか?」
これをテーマにして、3つの理由を解説します。

① ゲームのフォートナイトが学ぶ「きっかけ」になる

eスポーツ英会話の基本情報
サービスURLhttps://esports-english-service.gecipe.jp/
料金月額8,800円
※レッスンは月4回
必要なもの・ゲームソフト&ゲーム機
・通話アプリのDiscordをインストールしたスマホ
・ヘッドセット(任意)
・マイク付きイヤホン(任意)
※ヘッドセット・マイク付きイヤホンの利用がおすすめ
運営会社ゲシピ株式会社

eスポーツ英会話で学ぶと、メタバースゲーム「フォートナイト」が教室になります。

フォートナイトは全世界で数億人のユーザーがいる大人気ゲームです[2]Epic Games:2021年のEpic Games Storeの総括
小学生からの人気も高く
「校長先生が朝礼でやりすぎを注意した[3]特選街web:【フォートナイト事件簿】ママたちへ緊急アンケート!超人気ゲームを巡る小学生のトラブルあるある
という話もあるくらい、子供たちはフォートナイトに夢中です。

eスポーツ英会話では、生徒とコーチが一緒にフォートナイトをプレイしながら英会話を学びます[4]他にもApex Legendsなどを使うことがあります
ゲーム空間が学びの場になる訳ですね。

eスポーツ英会話の仕組み

eスポーツ英会話の仕組み

これは親御さんにとって嬉しいことです。
子供が費やすゲームの時間が、そのまま英語学習の時間に代わるのですから。

子供にたいしてストレートに
「英語を勉強した方が良いよ」
なんて言っても、話を聞いてもらうのも難しいです。

けど
「フォートナイトで遊びながら英語勉強してみない?」
と聞いたら興味を持つお子さんは多いはずです。

要は、メタバースゲームがひとつの「きっかけ」になるのですね。
とくに男の子にとって、この誘い文句は響くはずです。

② メタバース内で実践的な英語の使い方を学べる

eスポーツ英会話では

  • コーチ1人
  • 生徒2~3人

がチームを組み、フォートナイトをプレイします。

チームで戦うゲームなので、挨拶やゲーム内でコミュニケーションを取るために英語をじゃんじゃん使います。
これにより、実践的に英会話を学べます。

日本人は英語が苦手です。
先進国にもかかわらず、EFが発表した「英語能力指数」は112ヶ国中78位と低迷しています[5]EF Japan:世界最大の英語能力指数 ランキング

英語が苦手な理由のひとつとして考えられるのは
「日本では英語を使う機会がとても少ない」
です。
日本で普通に暮らしていると、英語で会話する機会はほとんどありません。

けれど、eスポーツ英会話は1レッスン80分の間に英語を

  • 話す(スピーキング)
  • 聞く(リスニング)

この両方が経験できます。
これは、日本で暮らす子供にとってかなりレアな経験となり、英語力向上につながります。

③ 自然に英会話の練習ができて、忘れにくい

フォートナイトで遊ぶと子供たちはゲームに没頭します。

ゲーム世界では「アバター」が仮の人格になり、その人物になりきって話したり、行動します。
このような、仮想空間を活用した「没入型」と呼ばれる学習方法は、学んだことが記憶に残りやすいことがわかっています[6]PwC:How virtual reality is redefining soft skills training

没入型学習には、ほかにもメリットがあります。
アバター姿で学ぶことにより、日本人にありがちな

  • 英語で話すのが恥ずかしい
  • 英語を話して間違えたら嫌だ

などの感覚がへり、普通に話すような感覚で英会話の練習ができます。

これだけではありません。

私たちは、仮想空間の中で自分以外の誰かになりきると、能力が変わるらしいのです。
東京大学の鳴海拓志准教授がおこなった実験では

  • アインシュタインのアバターだと「ひらめき力」が上がる
  • スーパーマンのアバターだと「他者を思いやる力」が上がる

などがわかっています[7]超教育協会:VR空間でアバタとなることで自分の能力がさらに高まることも

アインシュタインのアバター

アインシュタインのアバター 画像は超教育協会の記事から引用

フォートナイトはアメリカのサービスです。
そのせいか、欧米風の顔立ちをしたアバターが比較的多いです。
こういった部分も、フォートナイトが英語学習に向く理由かもしれません。

フォートナイト公式サイト画像

フォートナイト公式サイト画像

メタバースがどんどん学びの場に

eスポーツ英会話以外にも、子供向けの教育にメタバースはどんどん導入されています。
プログラミング教育にも導入されており、Roblox(ロブロックス)というメタバースゲームが教材として使われることもあります。

この記事で紹介したように、メタバースを活用すると高い教育効果が期待できます。
これからどんどんサービスも増えるでしょうから、ぜひ利用を検討してください。

タイトルとURLをコピーしました