Web3・メタバース専門の転職エージェント「Web3.0 Jobs」の特徴や注意点

看護師やシステムエンジニアなど、特定の職種や業界にたずさわる人が増えると特化型の人材サービスが登場します。
去年から注目度が上がっている

  • Web3
  • メタバース

でも、特化型の人材サービスがいくつか登場しています。
Web3.0 Jobs」もその中のひとつ。

Web3.0 Jobsは

「Web3やメタバースに関わる仕事がしたい」
「スタートアップではなく安定した企業で働きたい」

こんな風に考えている人におすすめです。

この記事ではWeb3.0 Jobsの

  • 特徴
  • 注意点

などを解説します。

Web3.0 Jobsとは?

「Web3.0 Jobs(ウェブスリージョブズ)」はグロース市場に上場している株式会社コンフィデンスが2022年11月に開始した転職エージェントです。

業界特化型の転職エージェントで

  • ブロックチェーン
  • NFT
  • メタバース

など、Web3との関連性が強い企業や職種に転職したい人向けのサービスです。

Web3.0 Jobsの基本情報(2022年11月9日調査)
公式URLhttps://web3-job.jp
公開求人数43件
非公開求人数不明
対応地域日本全域
利用料金完全無料

転職エージェントといっても、面談は基本的にはオンラインです。
なので、日本中どこからでもWeb3.0 Jobsを利用できます。

Web3.0 Jobs公式サイト画像

Web3.0 Jobsの特徴・強み

Web3.0 Jobsの最大の特徴・強みは
「企業とのコネクション」
です。

運営会社の株式会社コンフィデンスはゲームやIT業界向けの人材派遣事業を展開し、上場するほどの規模まで成長しています。
なので、すでに大手企業とのつながりがあり、求人数も増えやすい環境が整っています。

じっさい、まだサービスオープンして間もないにもかかわらず

  • グリー株式会社
  • クラスター株式会社
  • 株式会社BLOCKSMITH&Co.(KLab株式会社子会社)
  • 株式会社モバイルファクトリー

など、メタバース関連の優良企業の求人を多数そろえています。

もちろん、エンジニアだけでなく

  • デザイナー
  • ディレクター
  • マーケット
  • 経営・企画

などの職種の求人もあり、Web3関連の仕事にひろく対応しています。

Web3.0 Jobsの職種一覧

設立されたばかりのスタートアップの求人が少ないのも特徴です。
私が確認したとき(2022年11月9日)は

  • 上場企業
  • 上場企業子会社
  • 大企業やベンチャーキャピタルから出資されている企業

などに該当する優良企業の求人がほとんどでした。

基本的には、安定した環境で仕事がしたい人に向いている転職サービスです。

Web3.0 Jobsを利用するときの注意点

つぎはWeb3.0 Jobsを利用するときの注意点を解説します。

けれど、これといった注意点はありません。
あえて指摘するなら、一般的にはWeb3に分類されない企業・サービスの求人募集があるくらいです。

Web3.0 Jobsというサービス名を見て
「Web3関連の仕事だけを扱っている転職エージェントだ!」
と考える人もいると思います。

なかにはWeb3に分類されない企業・サービスの求人も混ざっているので注意してください。

求人数が43件(2022年11月9日時点)と、まだ少ないのもデメリットと言えます。
とはいえまだサービスが始まったばかりです。
なので、今後の成長に期待しましょう。
※非公開求人もあるので、実際の求人数はもっと多いはずです

メタバース関連の求人数が多い転職サイト・エージェントは下のリンク先で紹介しています。
もし求人数が多い転職サービスを利用したい方は、リンク先をチェックしてください↓

Web3.0 Jobsはこんな人におすすめ

最後に、Web3.0 Jobsがどんな人におすすめかを整理します。
Web3.0 Jobsは以下の該当する人におすすめの転職サービスです。

  • Web3に関わる仕事がしたい
  • スタートアップではなく、安定した企業で働きたい

該当する人は、Web3.0 Jobsで求人をチェックしてください。

そして、気になる求人があったらエージェントに面談を申し込みましょう。
面談はもちろん無料ですし、Web3界隈の転職状況などもヒアリングできます。

タイトルとURLをコピーしました