「LIFE DESIGN PARK 3D」はVRで最新住宅をバーチャル内覧できるサービス

株式会社オープンハウス・アーキテクトは、3Dでモデルハウスを体験できるバーチャル展示場をオープンしました。
サービス名は「LIFE DESIGN PARK 3D」。
これにより、住宅購入希望者は自宅から最新の住宅を内覧できるようになります。

・LIFE DESIGN PARK 3D公式サイトURL
https://oha.openhouse-group.com/design/vr/

バーチャル展示場「LIFE DESIGN PARK 3D」とは?

オープンハウス・アーキテクトは東京・神奈川・愛知・大阪に「LIFE DESIGN PARK」という店舗を出店してます。
LIFE DESIGN PARKはいわゆる「ショウルーム」ですね。
内覧できるだけでなく、自由設計の注文住宅の相談なども受け付けています。

新しくできた「LIFE DESIGN PARK 3D」は、LIFE DESIGN PARKのショウルーム機能をバーチャル・3D化したものです。
バーチャル化されたことで、内覧希望者は

  • パソコン
  • スマホ

などを使い、自宅から気軽に内覧できるようになります。
他にも、LIFE DESIGN PARK 3Dには様々なメリットがあります。

「LIFE DESIGN PARK 3D」の3D内覧画面

「LIFE DESIGN PARK 3D」の3D内覧画面

「情報量」と「時間」がバーチャル展示場を利用するメリット

バーチャル展示場を利用するメリットはたくさんありますが、大きなメリットは

  • 情報量
  • 時間

この2つです。
それぞれ説明します。

① 情報量が普通のネット内覧よりも多い

メリットとしてまず挙げられるのは「情報量の多さ」です。

「LIFE DESIGN PARK 3D」では、複数のモデルハウスが用意されています。
もちろんモデルハウスは3D。
それぞれの家の気になる空間を、肉眼で見るのに近い感覚でチェックできます。
たとえば

  • リビング
  • キッチン
  • トイレ
  • 子供部屋

などの空間ですね。

サイト管理人 南研吾
サイト管理人 南研吾
ひとつのモデルハウスにつき、10箇所以上の空間がチェック可能です。

しかも、スマホ等を操作して角度を変えれば

  • 天井

などの部分も簡単にチェック可能。

ネットでよくある、不動産業者が選んだ平面的な写真を見るよりも得られる情報はずっと多くなります。
住んでみて初めてわかるような、窓からどんな具合で日光が入るかなどをシミュレーションした採光情報も得られます。

「LIFE DESIGN PARK 3D」でキッチンを内覧している画面

「LIFE DESIGN PARK 3D」でキッチンを内覧している画面

バーチャル内覧なら、住宅販売会社は最新のデザインをいち早くショウルームに取り入れることも可能。
これにより、内覧する人も最新の住宅トレンドに触れることができます。

② 自宅からいつでも、何時間でも内覧できる

もうひとつ、大きなメリットを挙げるなら「時間」です。

バーチャル展示場を使って内覧すれば、待ち時間はありません。
展示場までの移動時間もほぼゼロです。
営業担当者の予定や都合を気にする必要もありません。
朝でも夜でも、好きな時間に内覧ができます。

パソコンやスマホを見ながら、家族みんなと会話しながら内覧することも可能です。
もちろん、何時間でも。

家族みんなで「LIFE DESIGN PARK 3D」の物件を内覧するイメージ画像

人の目なども気にしないで済みます。
好きなだけ時間を使い、じっくり住宅購入を検討できます。

多くの人にとって、人生で最も大きな買い物はマイホームです[1]暮らしニスタ:人生でお金がかかるものベスト5を発表!「5大支出」合計で生涯1億5729万円の支出
「高い買い物だから、時間を使って慎重にマイホーム購入を決めたい」
と考えている人には、バーチャル展示場がおすすめです。

・LIFE DESIGN PARK 3D公式サイトURL
https://oha.openhouse-group.com/design/vr/

テクノロジーは「情報の非対称性」を減らす

いま

  • VR(仮想現実)
  • メタバース

などの新しい技術が不動産業界にどんどん取り入れられています。

おとなり韓国では、メタバース上に建てられたモデルハウスをアバターで内覧できるサービスも登場しています。
このサービスを使うと

  • 住宅の360度の外観情報
  • 住宅の周辺情報(昼と夜で風景がどう変化するか)

などの情報も得られるそうです[2]Kobiz Media:Construction Firms Showcase Metaverse Model Houses

「LIFE DESIGN PARK 3D」のようなサービスは
「情報の非対称性」
を減らしてくれます。

サイト管理人 南研吾
サイト管理人 南研吾
「情報の非対称性(ひたいしょうせい)」とは、簡単に言えば情報量の格差のことです。だいたいのケースで、情報量が多い方が有利になります。

これまで

  • 住宅等の不動産を販売する業者(会社)
  • 土地や住宅を購入する個人

この両者では持っている情報量にとてつもない差がありました。

VRやメタバースなどのテクノロジーにより、2者間の情報量の差が減りつつあります。
長期的にみたら、これは両者にとっても良いことです。

日本国内でも「LIFE DESIGN PARK 3D」のようなサービスが増えつつあります。
これからも不動産業界には新しいテクノロジーがどんどん導入されるはずです。
今後の成長に期待しましょう。

タイトルとURLをコピーしました