コインチェックは初心者におすすめ?メリット・デメリットを解説

「仮想通貨初心者だけどコインチェックで口座開設して大丈夫?」
「コインチェックを選ぶメリットとデメリットを知りたい」

この記事ではこんな悩みや問題を解決します。

先にコインチェックの特徴をまとめます↓

  • 初心者にお得なキャンペーンを実施している
  • サイト・アプリが使いやすく、利用者数はトップクラス
  • 他の取引所よりもメタバースに力を入れている

このような特徴があるから、コインチェックは

「まずはちょっとのお金で仮想通貨を体験してみたい」
「人気のある仮想通貨取引所で仮想通貨デビューをしたい」
「いま話題のメタバースやWeb3に興味があり、とにかくやってみたい」

こんな風に考えている人に向きます。

これからコインチェックのメリット・デメリットをそれぞれ解説します。
仮想通貨に興味がある方はぜひコインチェックで口座を開設してください。

仮想通貨初心者に嬉しいキャンペーン開催中

まずはお得なキャンペーンの情報をお伝えします。

コインチェックでは、ちょうどいま(2022年7月1日〜9月30日まで)1,500円相当のビットコインをもらえるキャンペーン実施中です。
やることはとても簡単。

  • コインチェックで新規登録し、アプリを使ってかんたん本人確認を終わらせる
  • 72時間以内に日本円を入金する(いくらでもOK)

これだけです。

コインチェック

コインチェックの口座開設方法はとても簡単です。
かんたん本人確認を使えば今日から仮想通貨の取引をはじめることもできます。

サイト管理人 南研吾
サイト管理人 南研吾
口座の開設方法については画像付きのくわしい解説記事がありますので、ぜひ参考にしてください。
下の記事を参考にすれば、早い人は10分くらいで口座開設が完了するはずです。

コインチェックの5つのメリット

ここからはコインチェックのメリットを紹介します。
メリットは大きく分けて5つ。

  • 利用者数が多いから安心感がある
  • 買ったり売ったりできる仮想通貨の数が多い
  • あのビットコインを手数料0円で買える
  • 仮想通貨だけじゃなくてメタバースの土地も買える
  • 仮想通貨をコインチェックに預けて利息を得られる

それぞれ解説します。

100万人以上の日本人が使っているから安心

「仮想通貨って意味がわかんなくてなんか怖い・・・」
こんな風に感じたことがある人は多いと思います。

そんな人には
「赤信号みんなで渡れば怖くない」
ではないですが、たくさんの日本人が利用している仮想通貨取引所がおすすめです。

コインチェックの、2022年3月末時点での本人確認済み口座数は約162万[1]マネックスグループ:マネックスグループ データ集2022年3月期
日本人で仮想通貨取引所の口座を持っている人のうち、3割近くはコインチェックで口座を開いている計算です[2]一般社団法人日本暗号資産取引業協会:会員の暗号資産取引状況表(月次)

なおかつコインチェックのアプリダウンロード数はなんと累計476万ダウンロード以上[3]コインチェック:Coincheckアプリ、ダウンロード数3年連続「国内No.1」を獲得
間違いなく、コインチェックは日本でトップクラスの人気を誇る仮想通貨取引所です。

コインチェックアプリダウンロード数データ

コインチェックアプリダウンロード数データ グラフはコインチェック公式サイトから引用

これだけの人に利用されているということは、一定の品質が保証されている、ということでもあります。
だから
「みんが使っている安全なところで仮想通貨を買いたい」
こんな風に思っている仮想通貨初心者の方にコインチェックはおすすめです。

取り扱い仮想通貨の種類が多い【18種類】

コインチェックは買ったり売ったりできる仮想通貨の種類が多いです。
これもおすすめポイントです。

コインチェックの取り扱い通貨数は18種類です(2022年9月)。
もちろん、あの有名なビットコインだったり、ビットコインの次に有名な仮想通貨のイーサリアムも取り扱っています。

下の表は、日本国内の他の有名仮想通貨取引所と取り扱い通貨数を比較したものです。
1位のGMOコインに次いで、コインチェックは第2位にランクインしていることがわかります。

仮想通貨取引所取り扱い通貨数
GMOコイン21
コインチェック17
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)15
bitbank(ビットバンク)15
ビットフライヤー13

コインチェックは取り扱い通貨数が多いだけではなく、メタバース関連の仮想通貨を購入できる唯一の国内取引所でもあります。

コインチェックなら

  • SAND(サンド)

という、有名メタバースが発行している仮想通貨を購入できます。
いまのところ国内にはこれらの通貨を購入できる取引所は他にありません。

なので、コインチェックはいま話題のメタバースに興味がある人におすすめの仮想通貨取引所でもあります。

(取引所なら)ビットコインを手数料0円で買える

コインチェックなら、ビットコインの購入手数料が0円です。
ただし、手数料ゼロで購入するためには「取引所」を利用する必要があります。

仮想通貨取引所で仮想通貨を買う時、大きく分けると以下の2種類の買い方があります。

  • 販売所で買う
  • 取引所で買う

とてもとてもシンプルに言うと

  • 販売所→仮想通貨取引所から仮想通貨を買うところ
  • 取引所→他の投資家から仮想通貨を買うところ

こんな違いがあります。

販売所で仮想通貨を買うと、日本円で仮想通貨を購入するたびに高い手数料を取られてしまいます。
通貨によっては100万円分の仮想通貨を買っても97万円(の価値)くらいになってしまいます。
買った時点で3%くらい損をしてしまうのです。

けどコインチェックの「取引所」でビットコインを買えば手数料は無料です。

初心者に方にとっては
仮想通貨=ビットコイン
こんな風に思っている方も多いと思います。

もしビットコインを手数料0円で購入したいならコインチェックの「取引所」で購入してください。

メタバースの土地も購入できる

いま話題のメタバース。
メタバースはゲームなど、ただ遊ぶだけの場所ではありません。
2021年の後半からメタバース内の土地は「新しい不動産」として注目されています。
そんなメタバースの土地が、コインチェックで口座をひらけば簡単に購入できます。

仕組みはシンプルです。
コインチェックの中には
「Coincheck NFT(β版)」
というサービスがあり、コインチェックで口座開設した人が利用できます。

このCoincheck NFT(β版)の中では有名メタバースの土地が売買されています。
だからコインチェックの口座を持っている人なら誰でもメタバースの土地が買えるのです。

コインチェックは有名メタバースのThe Sandboxと提携して「Oasis TOKYO」という仮想都市をメタバースで建設したりもしています[4]Coincheck:Oasis TOKYOとは?メタバース上に建設される近未来都市の魅力を解説
下の動画は仮想都市のごく一部の様子を写したものです。

すでに説明したように、コインチェックはメタバースが発行する仮想通貨を購入できる国内唯一の取引所です。

メタバースに関してはかなり積極的に取り組んでいるので、メタバースに興味がある方には特におすすめしたいです。

仮想通貨をコインチェックに預けて利息を得られる

最後に紹介するメリットは
「仮想通貨をコインチェックに預けて利息を得られる」
です。

いま日本円を銀行に預けてもほとんど増えませんよね。
けど仮想通貨は違います。

仮想通貨を金融機関に預けると、増えて返ってくるサービスはたくさんあります。
その中のひとつがコインチェックの
Coincheck貸暗号資産サービス
です。

このサービスを使えば、仮想通貨を預けて最大で年率5%増やすことができます。
預ける日数によって年率は違いますが、以下の通り基本的には預ける日数が多いほど年率が上がります。

  • 14日:年率1%
  • 30日:年率2%
  • 90日:年率3%
  • 180日:年率4%
  • 365日:年率5%

ただ、まずはビットコインなどを買わないとこのサービスは使えません。
仮想通貨の売買に慣れたら次のステップとしてぜひチャレンジしてください。

コインチェックのデメリットもチェック

次はコインチェックのデメリットについてです。
デメリットをまとめると、以下の3つが挙げられます。

  • 過去に仮想通貨の流出事件をおこしている
  • 販売所の手数料がかなり高い
  • 仮想通貨の送金手数料がやや高め

それぞれ説明します。

過去に仮想通貨の流出事件をおこしている

コインチェックは歴史のある仮想通貨取引所ですが、ある事件をきっかけに知名度が一気に上がりました。
それは2018年1月に起きた仮想通貨のネム流出事件です[5]ITmedia NEWS:コインチェック仮想通貨流出、原因は標的型攻撃か 補償・サービス再開は「来週中」
この事件はコインチェックだけでなく、仮想通貨全体に対してとてつもない悪印象を与えました。

過去とはいえ、このような事件があったことを気にする人が多いと思います。
ですが、流出した分の金額はしっかりと投資家たちに補償しています。
それに、事件の後に東証プライム上場企業の「マネックスグループ」の傘下にはいり、コインチェックの安全性は強化されています。
2022年にはアメリカのナスダックへの上場を予定しているくらい順調に成長しています[6]DIAMOND SIGNAL:マネックス松本CEOが明かすコインチェック上場の狙い──「ナスダックは最良の場」

いまは利用者数も増え順調に見えますが、過去に大きな事件を起こしたことは事実です。
もし過去の事件が気になる方は他の取引所の利用をおすすめします。

販売所の手数料がかなり高い

メリットのところでも少し触れましたが、仮想通貨取引所で仮想通貨を買うとき

  • 販売所
  • 取引所

この2種類の買い方があります。
そして、コインチェックには「販売所の(実質的な)手数料が高い」というデメリットがあります。

このデメリットを感じるのは、とくにイーサリアム(ETH)という仮想通貨を購入するときです。
コインチェックの取引所ではイーサリアムを買えません。
だからコインチェックでイーサリアムを買うときは、販売所で高い手数料を払って買わなくてはなりません。
※取引所で買えるイーサリアムクラシック(ETC)とイーサリアムは別物ですので注意してください

コインチェックの販売所でイーサリアムを買うのは
「いますぐ沢山のイーサリアムが欲しい!!」
こんな風に思っている人以外にはおすすめできません。
短期間で何回もイーサリアムを売買する人にもコインチェックは向きません。

もしイーサリアムをメインで売買したい人は

などの、イーサリアム購入手数料が無料の販売所がある仮想通貨取引所の利用がおすすめです。

仮想通貨の送金手数料がやや高め

仮想通貨を買ったりしていると、仮想通貨を送金する機会がよくあります。
コインチェックでは送金の際に手数料がかかるので、これはデメリットです。

コインチェックの送金手数料を整理すると、以下のようになります(2022年7月5日のレートです)。

  • ビットコイン→0.0005BTC(約1,327)
  • イーサリアム→0.005ETH(約783円)

銀行などの送金手数料と比べると、けっこう高めです・・・。
なので仮想通貨を送金する機会が多い人にはあまり向きません。

サイト管理人 南研吾
サイト管理人 南研吾
補足しておくと、コインチェックの送金手数料は一般的な水準です。
特別高いわけではありません。

もし送金頻度が高い人は

などの、送金手数料が無料の仮想通貨取引所の利用すれば送金コストをゼロにできます。

まとめ

この記事をまとめます。

コインチェックが向くの以下のような考えを持っている人です。

「まずはちょっとのお金で仮想通貨を体験してみたい」
「人気のある仮想通貨取引所で仮想通貨デビューをしたい」
「いま話題のメタバースやWeb3に興味があり、とにかくやってみたい」

これは、コインチェックには以下のようなメリットがあるからです。

  • 利用者数が多いから安心感がある
  • 買ったり売ったりできる仮想通貨の数が多い
  • ビットコインを手数料0円で買える
  • 仮想通貨だけじゃなくてメタバースの土地も買える
  • 仮想通貨をコインチェックに預けて利息を得られる

デメリットもありますが総合的に見て、コインチェックが優れた仮想通貨取引所なのは間違いありません。
はじめての仮想通貨取引所としてもおすすめなので、ぜひこの機会に口座開設をしてください。

口座を開設するときは、必ずキャンペーンの条件を満たしましょう。
そうすれば1,500分のビットコインがもらえます。

コインチェック
タイトルとURLをコピーしました