アフリカ発のメタバース「Ubuntuland」の土地をMTNが購入

アフリカ発のメタバース「Ubuntuland」の土地を、アフリカ最大の通信会社のMTNが購入しました。

UbuntulandはAfricarareMannMade Mediaが運営するメタバースで、まだすべての機能は公開されていません。
メタバースの利用者は「UBUNTUトークン」という通貨でNFTなどが購入できるようになると発表されています。

Ubuntulandの土地の総区画数は204,642区画で、以下のサイズの区画に分かれています。

  • 24×24区画で系576区画の土地
  • 12×12区画で系144区画の土地
  • 6×6区画で系36区画の土地
  • 3×3区画で系9区画の土地
  • 1×1区画で系1区画の土地

このうち、MTNが購入したのは12×12区画で系144区画の土地です[1]MTN:MTN Group becomes the first African company to enter the metaverse with land ownership on Africarare

Ubuntulandの土地は

  • ショップの開設・運営
  • ゲームの開発・公開
  • イベント開催

などに利用できるそうです[2]ZAWYA:African Metaverse set to Boost Economy and Create Employment

機能や土地の総区画数などを見ると、The Sandboxとかなり似ていそうです。
もちろん、The Sandboxと同じようにNFTを売買できるマーケットプレイスもあります。

デモ版を体験してみたのですが、ビジュアル的にはボクセルを採用していないこともあってDecentralandをイメージさせるメタバースです。

2022年の4月中のランドセールを予定しているようなので、Ubuntulandの土地を買いたい方はランドセールに参加してください。
これから伸びているアフリカ経済と共にUbuntulandが発展していく可能性も十分あると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました