Metaがクリエイター向けにHorizon Worldsの収益化プログラムをテスト

Meta(旧Facebook)がクリエイター向けに、Horizon Worldsの収益化プログラムのテストをすることを発表しました[1]Meta:Testing New Tools for Horizon Worlds Creators To Earn Money

収益化プログラムの内容を簡単に説明します。
このプログラムによりクリエイターはHorizon Worldsを使い、以下の方法でお金を稼ぐことができます。

  • クリエイターが作った仮想アイテムをHorizon Worldsのユーザーに販売
  • Horizon Worldsのユーザーに対し、クリエイターが構築したワールドへの入場料を徴収

仮想アイテムとは、Horizon Worlds内で身にまとえる仮想のアクセサリーなどのことです。

ワールドとは、そのまま世界ですね。
Horizon Worldsではクリエイターは「ワールド」と呼ばれメタバースを構築できます。
公式Twitterによると、すでに10,000個以上のワールドが構築されているそうです。

ただ、仮想アイテムを販売したりユーザーからワールドの入場料をとったとしても、その金額がすべてクリエイターの懐に入るわけではありません。

  1. まず販売金額から、プロットフォーム手数料が引かれる
  2. 残った金額の25%が引かれる

つまり、計算式にすると以下のようになります。

クリエイターの収入=(販売金額−プロットフォーム手数料)×25%

テストなので、クリエイター向けプログラムはまずはごく一部のクリエイターのみに解放されます。

興味がある方は今のうちから調査・準備しておくと、先行者利益が得られやすいかもしれません。

引用・脚注

コメント

タイトルとURLをコピーしました