「2026年までに25%の人がメタバースで1日1時間以上過ごす」とガートナーが予測

ハイプサイクルで有名なリサーチ会社のガートナーが
「2026年までに25%の人がメタバースで1日1時間以上過ごす」
という予測を発表しました[1]Gartner:Gartner Predicts 25% of People Will Spend At Least One Hour Per Day in the Metaverse by 2026

具体的には何をするかについては、ガートナー社は以下の行動を挙げています。

  • 仕事
  • ショッピング
  • 教育
  • 人との交流
  • エンターテインメント

ということは、未来の私たちの行動は

  • 職場はMetaのHorizon Worlds
  • ショッピングはD2A(ダイレクト・トゥ・アバター)で、メタバース内で購入
  • 好きなアーティストのライブはフォートナイトで参加

こんな風になるかもしれません。

「2026年までに25%の人がメタバースで1日1時間以上過ごす」
というコメントを聞くと
「そんなに!?」
と感じますが、メタバースだってインターネットの一種です。
ネットで利用するサービスが少し変わるだけです。

総務省がおこなった2020年のネット利用時間の調査[2]総務省:主なメディアの利用時間と行為者率 第2部 基本データと政策動向では、13歳から69歳の男女は

  • 平日は168.4分(2.8時間)
  • 土日は174.9分(2.9時間)

平均してこれだけの時間をネットに使っています。

6年後、このうち3分の1くらいはメタバースに移行するかもしれないということですね。

メタバースによって変化するのは個人の行動だけではありません。
企業活動だって変化する可能性があります。

ガートナー社のマーティ・レズニック(Marty Resnick)氏は

2026年までに、世界の組織の30%がメタバースに対応した製品やサービスを持つようになるでしょう。

引用元:Gartner Predicts 25% of People Will Spend At Least One Hour Per Day in the Metaverse by 2026

このようにも語っています。
個人も企業も徐々にメタバースの利用が増える、というのがガートナーの未来予測のようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました