「メタバースはオコワン」「誰もやっていない」は真実なのか?

ニュースの記事などで

「メタバースは誰もやっていない」
「メタバースは失敗する(した)」
「メタバースはオワコン」

こんな話や意見を聞くことがあります。

これらが真実なのかを確認するため

  • メタバースへの注目度の推移
  • サービスのユーザー数

などを調査しました。

結論としては、利用者がいる・いないはメタバースの定義次第です。
メタバースを狭く定義したらユーザーがいない(少ない)と言えます。
メタバースを広く定義したらユーザーがいる(多い)と言えます。

なので
「メタバースは誰もやっていない」
と一言と断定するのはかなり乱暴なことではないか、と思います。

メタバースは本当に「オワコン」なのか?

メタバースはいわゆる「オワコン」なのでしょうか。
まずはメタバースに対する注目度を確認しましょう。

使うのはGoogleトレンドです。
Googleトレンドは、Googleで特定の言葉が検索された回数がわかるツールです。
検索回数が増えた=注目度が上がった
と解釈できます。

今回はGoogleトレンドで

  • 日本における「メタバース」の検索数
  • 世界全体での「Metaverse」の検索数

この2つをチェックしました。

最初に日本における検索数の推移を紹介します。

日本における「メタバース」の検索数の推移

日本における「メタバース」の検索数の推移

2021年10月頃に急に注目度が上がっていることがわかります。
これは、FacebookがMetaへの社名変更を発表をしたタイミングです。
注目度に関しては、その後もアップダウンを繰り返しながらも急下降はしていません。
つまり、依然としてメタバースへの注目度は高いままです。

次は世界全体での「Metaverse」の検索数を見てみましょう。

世界全体での「Metaverse」の検索数の推移

世界全体での「Metaverse」の検索数の推移

こちらも同じタイミングで急上昇しています。
その後は緩やかな下降傾向です。
それでも、盛り返すような気配があり「オワコン」という程ではありません。

ちなみに、下の画像は音声SNSとして2021年1〜3月くらいに流行した「Clubhouse」の検索数です。
急上昇後に急下降していることがわかります。
これだけ急に下降し、その後も伸びる気配がないと「オワコン」と言っても良いかもしれません。

「Clubhouse」の検索数の推移

「Clubhouse」の検索数の推移

検索回数を見ると、どうやら

  • 日本
  • 世界

この両方ともメタバースへの注目度はそれなりに高そうです。
これでは「オワコン」とは言えません。

メタバースは明確に定義されていない

日本も含め世界中の人がメタバースについて、ある程度の関心を持ち続けていることがわかりました。

けれど、メタバースとは何でしょうか?
これについては、人によって言うことはバラバラです。
なぜなら、じつはメタバースには明確な定義がないからです。

だから

  • 流行っている
  • 終わった

以前に、何がメタバースかすら明確に決まっていないのです。
これではメタバースについて何か語ることは難しいです。

とはいえ、メタバースの定義が無いからオワコンかどうかわからない、では話が進みません。
なのでプロの意見、言い換えると「中の人」の意見を参考にしましょう。

日本国内のメタバース(と言われてるサービス)としてトップクラスの人気を誇るHIKKY(ヒッキー)というサービスがあります。
HIKKYのイベントには世界中から100万人以上の人が集まり、仮想イベントにおける出展者数のギネス記録を持っています[1]PR TIME:世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット」がギネス世界記録™に認定!

そんなHIKKYの運営会社の取締役である「動く城のフィオ」さんは、メタバースを

  • オンラインゲーム系
  • ブロックチェーン系
  • VR系

この3つに分類しています[2]bizSPA!フレッシュ:うつ病&引きこもりから「ドコモ65億円出資」へ。メタバースで生活を変えた仕事人

この分類を参考にして
「メタバースは誰もやっていない」
この説が真実かどうかをチェックしましょう。

3種類のメタバースのユーザーはどれくらい?

  • オンラインゲーム系
  • ブロックチェーン系
  • VR系

この3種類それぞれで、代表的なサービスピックアップしました。
そして、サービスの利用者数を調べました。

オンラインゲーム系の代表的なメタバースはRoblox(ロブロックス)Fortnite(フォートナイト)です。
それぞれの利用者数は以下のようになります。

  • Roblox→1日の平均アクティブユーザー5,880万人[3]Roblox:ROBLOX REPORTS THIRD QUARTER 2022 FINANCIAL RESULTS
  • Fortnite→月間アクティブユーザー数はピーク時で6,200万人[4]Epic Games:2021年のEpic Games Storeの総括

Robloxの1日あたりのアクティブユーザー数は、イタリアの総人口と同じくらいです[5]外務省:イタリア基礎データ
この数字を見ると
「メタバースは誰もやっていない」
というのは困難です。

次はブロックチェーン系を見てみましょう。
代表的なサービスはThe Sandbox(ザ・サンドボックス)Decentraland(ディセントラランド)です。

オンラインゲーム系と比べるとかなり寂しい数字です。
とくにDecentralandの月間アクティブユーザー数はRobloxの約1,000分の1程度で、お世辞にも多いとはいえません。

VR系の代表格はVRChat(ブイアールチャット)です。
VRChatに関しては正確なユーザー数は公開されていません。
それでも2022年1月に同時接続ユーザー数が約42,000人に達した、と言うニュースが報道されています[8]Mogura Vr:ソーシャルVRアプリ「VRChat」基本的な始め方や必要な機器、おすすめワールドを紹介!【2022年7月版】
この数字から月間アクティブユーザー数を推測するのは困難ですが、同じタイミングに同時に4万人もの人がログインしているので「誰もいない」とは言えなそうです。

サイト管理人 南研吾
サイト管理人 南研吾
MetaのHorizon Worlds(ホライゾン・ワールド)もVR系と言えます。
全世界に公開していないとはいえ、月間アクティブユーザー数は20万人以下と苦戦しています[9]ウォール・ストリート・ジャーナル日本版:米メタのメタバース、成果は期待外れ 社内文書

結局は定義の問題でしかない

3種類のメタバース全体のユーザー数を見ると
「メタバースは誰もやっていない」
と語るのは困難なことがわかります。

けれど、もしブロックチェーン系のDecentralandのユーザー数だけを見たらどうでしょう。
月間アクティブユーザー数6万人以下という数字は
「メタバースは誰もやっていない」
と判断できるものかもしれません。

つまり、結局のところ
「メタバースは誰もやっていない」
というのは定義の問題でしかないのです。

ピンポイントで

  • Decentraland=メタバース
  • Horizon Worlds=メタバース

と定義したら、誰もやっていないと言えるかもしれません。
けれど、これはRobloxやVRChatなどの人気サービスを無視した、乱暴な定義です。

とはいえ、メタバースの定義が定まっておらず、誤解や勘違いが生じやすいのも事実です。
定義に関しては、時間が解決してくれるのを待ちましょう。

定義が決まったときに初めて

  • 人がいるor人がいない
  • 終わったor終わっていない
  • 役に立つor立たない
  • 意味があるor意味がない

などを判断できます。

なので、今はまだ結論を出すタイミングではありません。

タイトルとURLをコピーしました